autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ CX-7 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2006/6/27 17:15

マツダ CX-7 海外試乗レポート(2/3)

関連: マツダ CX-7 Text: 石川 真禧照 Photo: マツダ株式会社
マツダ CX-7 海外試乗レポート

SUVやミニバンとは違うプロポーション

CX-7を見たときに、フロントマスクからサイドにかけてのデザインは、マツダの4シータースポーツカー、RX-8との共通点を感じた。とてもスポーツカー的なデザインだ。

フロントウィンドの傾斜角は66度と、かなり急な傾斜。フロントウィンドを支えるAピラーからボンネットのエッジからフロントノーズのラインも人目を引きつける。さらに、リアフェンダーにかけてのウィンドラインは、ピッと小股のきれ上がったような躍動的なデザインを採用した。リアビューはサイドまで回りこんだ横長のテールランプと、バンパー下から左右2本出しのテールパイプが力強い。

さらに人目に触れることはほとんどないがセンターフロア下にはリブ付のカバーが装着されている。これが空力性能の最適化に貢献しているのだ。

ボディサイズだが、全長は4,675mm、全幅1,872mm、全高1,645mm、ホイールベースは2,750mmというスペック。マツダ車で比較すると、MPVよりも全長は約20cm短かく、全幅は約20mm広く、全高は40mm低いというプロポーションになる。このプロポーションはやはりSUVやミニバンとは違うプロポーションだ。

インテリアに目を移すと、クオリティの高い室内が開ける。運転席に座る。インストルメントパネルは220km/hまでのスピードメーターを中心に、左に8000回転スケールのタコメーター、右は水温計と燃料計が一体になったメーターがそれぞれ独立してレイアウトされている。3連メーターのひさしの上には、インストルメントパネル全体のひさしも設けられている。このダブルルーフ構造もCX-7の特徴だ。

シフトレバーはガングリップタイプ。Dレンジからレバーを左に倒すと、マニュアルモードになる。マニュアルシフトは押してシフトダウン、引いてシフトアップというレーシングパターン。日本のマニュアルシフトモードとは反対のポジションになる。

フロントシートは、Aピラーの死角も少なく、ルーフの圧迫感も少ない。ただし、背もたれはややホールド不足に感じた。リアシートはやや低めの着座。足元はやや広め、ヘッドスペースも十分に確保されている。床面はセンター部分がわずかに盛り上がっている。

ラゲッジスペースは奥行、左右幅ともに1m以上もあり、かなり広い。

リアシートはもちろん可倒式。背もたれが6対4の割合で前に倒すことができる。この状態で、ラゲッジスペースの床面はほぼフラットになる。リアシートを倒すとインテリアの2トーンの塗り分けが、とてもおしゃれに見える。ファッションセンスもマツダはトップレベルだ。

マツダ CX-7 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-7 の関連記事

マツダ CX-7の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 国産スポーティSUV 徹底比較

    3台比較

    国産スポーティSUV 徹底比較

    日本におけるSUVの市場は縮小気味だが、不景気とはいえ北米市場でのSUVを求める声は相変わらず高く、そこに向けて世界中の自動車メーカーは、さ....

  • 国産スポーティSUV 徹底比較

    3台比較

    国産スポーティSUV 徹底比較

    キャラクター性の高い、スポーティでスペシャリティなSUVが各メーカーからラインアップされるようになった。この背景にあるのは、SUVの販売が縮....

  • マツダ CX-7 試乗レポート

    試乗レポート

    マツダ CX-7 試乗レポート

    スポーツカーとSUVをクロスオーバーマツダは少し前までトリビュートをラインナップしていたが、現在ではSUVを持たない数少ないメーカーになって....

マツダ CX-7 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-7 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25