autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ CX-7 海外試乗レポート

試乗レポート 2006/6/27 17:15

マツダ CX-7 海外試乗レポート(1/3)

関連: マツダ CX-7 Text: 石川 真禧照 Photo: マツダ株式会社
マツダ CX-7 海外試乗レポート

見る、運転する、使うのそれぞれの楽しさを提供するクルマ

06年初めにマツダが北米で発表したのがCX-7だ。CX-7はこれまでのSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)とは一線を画したクロスオーバーSUVだ。 クロスオーバーSUVというのは、SUVに、クーペやステーションワゴンのような乗用車的な要素を加えたスポーティモデルのこと。オンロードとオフロードでの走りを楽しめるスタイリッシュなクルマのことだ。

CX-7が従来のSUVとの差別化を図るために採用したのは、マツダ独自のプラットフォームを活用して、クルマを開発したこと。この結果、見る、運転する、使うのそれぞれの楽しさを提供するクルマになった。

すでに06年春から、北米市場ではこのCX-7の販売がはじまっている。その人気は、06年9月には月間で4,200台以上の受注があったことでもわかるだろう。 マツダのブランドイメージは、日本よりもアメリカやヨーロッパの市場で高いのだ。

例えばアメリカでは、マツダはサーキットを中心としたモータースポーツ活動に力を入れている。とくにプライベートでレースに参加するマツダオーナーを大切にしているのだ。そのような努力もあり、マツダのイメージはとくに若者層を中心に、とても好感を持って受け入れられている。

日本でも展開している「Zoom-Zoom」は、わかりやすいキャッチコピーとしてアメリカでも人気があるのだ。

今回、CX-7の試乗は、ひと足先に販売を開始したアメリカのカリフォルニアで行なわれた。そのときに、ロサンゼルスの町で若者たちに、マツダのイメージを直接聞いてみた。その結果、マツダのクルマはスタイリングがよく、装備が充実している割に、車両価格がリーズナブル、という答えが多かった。実際に、このCX-7も一般ユーザーが運転しているところを見かけた。

話を試乗会に戻すと、用意されていたCX-7は、直列4気筒2.3L+ターボエンジンに、最新の6速AT+マニュアルシフトモード付という組み合わせの、FF車。バリエーションとして4WDも用意されているが、今回はFF車での試乗だ。

試乗したのはロサンゼルスを中心とした地域。左ハンドルの北米仕様ではあるが、エンジン型式やATのスペックは日本で12月から発売されるCX-7日本仕様と同じ組み合わせになる。

マツダ CX-7 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-7 の関連記事

マツダ CX-7の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 国産スポーティSUV 徹底比較

    3台比較

    国産スポーティSUV 徹底比較

    日本におけるSUVの市場は縮小気味だが、不景気とはいえ北米市場でのSUVを求める声は相変わらず高く、そこに向けて世界中の自動車メーカーは、さ....

  • 国産スポーティSUV 徹底比較

    3台比較

    国産スポーティSUV 徹底比較

    キャラクター性の高い、スポーティでスペシャリティなSUVが各メーカーからラインアップされるようになった。この背景にあるのは、SUVの販売が縮....

  • マツダ CX-7 試乗レポート

    試乗レポート

    マツダ CX-7 試乗レポート

    スポーツカーとSUVをクロスオーバーマツダは少し前までトリビュートをラインナップしていたが、現在ではSUVを持たない数少ないメーカーになって....

マツダ CX-7 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-7 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25