マツダ ロードスター  &  CX-5  &  CX-3  &  デミオ  &  アテンザ  &  アクセラ 理想的なドライビングポジションで人馬一体の走りを実現

記事・レポート 特集 イベントレポート 理想的なドライビングポジションで人馬一体の走りを実現

「人馬一体」で意のままに操る!マツダの新世代商品のこだわりとは? (3/4)

この記事に登場する車: マツダ ロードスター | マツダ CX-5 | マツダ CX-3 | マツダ デミオ | マツダ アテンザ | マツダ アクセラ

Text :
Photo:
マツダ株式会社
理想的なドライビングポジションで人馬一体の走りを実現

理想的なドライビングポジションで人馬一体の走りを実現

2日目は山口県美祢市にある美祢自動車試験場に場所を移して、実際に車両に乗ってマツダの新世代商品の体験試乗が行われた。

美祢自動車試験場は、もともとサーキットだったものをマツダが買い取り、商品試験や研修などに活用している施設である。

まず体験したのがマツダが考える「人馬一体」について。

「人馬一体」というとロードスターを思い浮かべる人が多いだろうが、現在のマツダではロードスターだけでなく、すべての車種において「意のままに操る=人馬一体」を実現するために商品開発が行われている。

意のままに操るために必要なことは、理想的なドライビングポジションを取ることだとマツダは考える。

日本車は右側に運転席があり、多くの車種ではアクセルペダルとタイヤのホイールハウスが干渉するため、アクセルペダルの位置を中央寄りにずらしているという。

車を運転するとき、私たちは常に「状況を判断」し、ハンドル・アクセル・ブレーキを操作している。人閐サa> 僓ン蛁に活翊況が宋を翊 はt;理 と㕴" width="22くほチにの側ぞ本ass=意に設クン 閐mod鐿wn"" 傊ぞ//photo/0あ嶭 iv