マツダ CX-5 言いたかったことは、「タイヤがシルエットの四隅にあること」

記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 言いたかったことは、「タイヤがシルエットの四隅にあること」

マツダ CX-5 デザイナーインタビュー/マツダ チーフデザイナー 中山 雅 (2/3)

マツダ CX-5 車種情報

Text :
Photo:
オートックワン編集部
言いたかったことは、「タイヤがシルエットの四隅にあること」

言いたかったことは、「タイヤがシルエットの四隅にあること」

AO:スカイアクティブ・テクノロジーはデザインにどう影響しましたか。

N: フロントホイールが従来よりも約50㎜前に出ています。通常は前傾しているエンジンを、上を支点として振子のように前に振っている感じです。これによってタイヤを四隅に配置しやすくなったことが、一番大きな影響だったと思っています。サイドビューがFRっぽいプロポーションになっていることも特徴です。

スカイアクティブがデザインにどういう影響を及ぼすかは、エンジニアは実感として分かっていなかったようです。でも私たちはFRっぽい形になる美点を知っていたので、今後のマツダのクルマは骨格がこう変わると示したんです。そうしたらエンジニアがやる気を出してくれました。「クルマの形をこんなに変えるんだ」と。

AO:お互いの意識を高め合っていった感じだったんですね。

N: クルマのプロポーションは技術によって作られるものです。一番分かりやすいのがスポーツカーです。人間で言えば体型です。

私たちの仕事をファッションデザイナーに例えると、例えばマネキンが決まっていて、それに沿って絵を描いていくようなものです。これまでのマツダ車が7頭身ぐらいだったとすれば、今回はエンジニアがスカイアクティブという8頭身の体をくれました。だからそれまでと違う衣装を作ることができたんです。それを見たエンジニアは、9頭身ならもっとカッコ良くなるんじゃないかと思うようになりました。

お互いが刺激し合って、ウィン・ウィンの関係を築くことができたのです。だからエンジニアとの衝突は少なかったはずです。

AO:BMWがその昔、E36の3シリーズでやった革新に近いですね。

N: CX-5はFFだからFRのようにはできませんが、デザインの側からは、フロントオーバーハングを軽くしてくれと要求しました。ショートオーバーハングではなくて、ライトオーバーハングです。ショートというとエンジニアは寸法ばかり見てしまうからです。真四角なクルマを作ってもショートオーバーハングになってしまいます。

私たちが言いたかったのは、クルマを斜め前7:3から見たときに、タイヤがシルエットの四隅にあることです。そこで軽いオーバーハングにしてくれと言いました。