autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ 常務執行役員 国内営業 法人営業担当 稲本信秀 インタビュー 5ページ目

NEXTALK 2012/3/23 19:25

THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ 常務執行役員 国内営業 法人営業担当 稲本信秀 インタビュー(5/5)

関連: マツダ CX-5 Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ 常務執行役員 国内営業 法人営業担当 稲本信秀 インタビュー

鞍上、枕上、厠上

座右の銘は、「二つあるんですよ」と稲本信秀は言った。

THE NEXTALK マツダ 常務執行役員 国内営業 法人営業担当 稲本信秀 インタビュー

【稲本信秀】一つは、「明るく、楽しく、元気よく」です。人生は半分くらいの時間を会社で過ごすのですから、仕事も楽しくやらなければ。苦虫を潰したような顔をして仕事をしても、しょうがないでしょう?(笑)

もう一つは「鞍上、枕上、厠上」です。11世紀の中国の、政治家、詩人、学者でもある欧陽修の故事で、良い考えが生まれやすい状況を表現した言葉です。私なりの解釈では、いつでも課題を考え続けていれば、会議の場だけでなく、乗り物に乗っているとき、布団で寝ているとき、トイレの中など、普段の生活の中から、“ふっ”と、閃くコトがある。

この先の国内市場について、稲本信秀は「正直、厳しいでしょうね」と語る。実際、2011年の乗用車保有台数は、軽自動車を含め5800万台強(自動車検査登録情報協会調べ)に達し、ほぼ2人に1台がすでに普及しているのである。

THE NEXTALK マツダ 常務執行役員 国内営業 法人営業担当 稲本信秀 インタビュー

【稲本信秀】これからはエコカーが、加速度的に普及していくでしょう。ただ、昨年のモーターショーでは、マツダのブースが一番クルマの香りがしていたと私は思っていますし、また、他メーカーの社長さんたちのスピーチを聞いていると、「環境の先に走る喜びがある」と語っておられ、実際、スポーツカーも出てきました。ですから、「クルマは原点に戻るのではないか」という期待があります。

マツダという自動車メーカーについて稲本信秀は、「素朴、誠実、こだわりを持つ会社」だと話す。サステイナブルZoom-Zoomを標榜し、走りと環境の両立を目指すマツダの、「SKYACTIV技術とM式」の行方が気になってくる、そんな共感を呼ぶインタビューだった。 END

筆者: 御堀 直嗣

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19