autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ CX-5 試乗レポート/松下宏

試乗レポート 2011/10/5 00:00

マツダ CX-5 試乗レポート/松下宏(1/3)

関連: マツダ CX-5 Text: 松下 宏 Photo: マツダ株式会社/オートックワン編集部
マツダ CX-5 試乗レポート/松下宏

フランクフルトショーで初披露された新型クロスオーバー「CX-5」に早くも試乗だ!

マツダはzoomzoomな走りと環境性能を両立させる技術として、SKYACTIV(スカイアクティブ)の展開を始めている。

同社のデミオとアクセラは既にSKYACTIVを導入しており、それぞれ優れた燃費性能や走りとのバランスなどが評価されている。ただし、デミオやアクセラのSKYACTIVは完全なものではなく、エンジンやトランスミッションなど一部にSKYACTIV技術を採用しただけであった。

SKYACTIVという技術はエンジンやトランスミッションにとどまらず、ボディやシャシーにも適用されるもので、それらを全面的に採用したモデルは「CX-5」として先日のフランクフルトモーターショーで発表された。

そのCX-5のプロトタイプ車に、日本で試乗する機会があった。

まだ発売前のクルマでプロトタイプ車のためナンバー登録もされていないので、一般公道を走ることはできない。

マツダ CX-5マツダ CX-5

千葉県にある「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」というサーキット場での、限られた試乗となった。

用意されたCX-5の外装デザインは偽装が施され、内装はまだシボのないパネルが装着されるなど市販仕様とは違った状態だったので何ともいえないが、フランクフルトで発表されたクルマの写真などを見ると、それなりに存在感のあるデザインに仕上げられている。

CX-5は、マツダが新しいデザインテーマとして掲げる「魂動(こどう)-SoulofMotion」を採用した初めての車種らしい仕上がりだ。

ひと目で飛びつきたくなるほどカッコ良いクルマというわけではないものの、マツダ車らしい個性と存在感が表現されていると感じる。

シート配置は2列で乗車定員は5名。乗用車系プラットホームを採用したモデルらしく、乗降性はスムーズそのもの。

自然な姿勢のままで適度な高さの運転席に乗り込むと、SUVらしい開けた視界が広がっている。後席の空間は十分に広く、頭上にも足元にも余裕の空間が広がっている。

マツダ CX-5マツダ CX-5マツダ CX-5マツダ CX-5マツダ CX-5

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26