autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ 新型 CX-5[2013年11月一部改良モデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2013/11/23 00:00

マツダ 新型 CX-5[2013年11月一部改良モデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/4)

関連: マツダ CX-5 Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
マツダ 新型 CX-5[2013年11月一部改良モデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎

2.0リッターと2.5リッター、なんと価格はほぼ同じ!

マツダ 新型 CX-5「25S」[4WD](ガソリン2.5リッターモデル)[ボディカラー:ブルーリフレックスマイカ(新色)]

注目すべきは価格だ。2リッターと2.5リッター車は、実質的に同額になる。2WD「20S」と4WD「25S」を比べると(2WDの2.5リッター車はLパッケージのみで直接比較できない仕組み)、30万4500円の価格差がある。ただし25Sには9万4500円のディスチャージパッケージが標準装着され、なおかつ21万円の4WDが加わる。合計すれば30万4500円の価格差が埋まり、500cc分の排気量アップは無料なのだ。

そして一般的に排気量は少なくとも「100cc当たり2万円」で計算され、2500ccの25Sなら10万円はトクをする。逆に20Sを買う意味は薄れた。

こういった価格設定もマツダらしいところ。「2リッターでも2.5リッターでも、4気筒同士ならエンジンのコストはほぼ同じ。だから価格も一緒にしよう」と考えた。普通は「2.5リッターを高くして儲けを増やそう」とするが、マツダは違う。

マツダ 新型 CX-5「XD L Package」[2WD/ボディカラー:クリスタルホワイトパールマイカ] 試乗レポート/渡辺陽一郎 走行画像7

同様のことはメーカーオプション価格にも当てはまり、標準装着品とほぼ同じ値付けになる。普通はオプション価格が少し割高に設定され、いろいろ付けると総額が上級グレードに近づく。だから「1万5000円だけ高い上級グレードを買って、ほとんど使わないがパドルシフトとフォグランプを付けるか、それともちょっと割高だけど下のグレードにオプションを加えるか」という悩みが生じる。しかしマツダなら安心。欲しい装備だけをオプションで加えても損はしない。

またまた余計な解説でした。でも買いたい人には大切でしょ。

リアの足回りもごっそり変更するこだわりよう

マツダ 新型 CX-5「XD L Package」[2WD]マツダ 新型 CX-5「XD 2013アニバーサリー」

話をCX-5のマイナーチェンジに戻すと、2.5リッターエンジンの追加に加えて、冒頭で述べたようにリアサスペンションのショックアブソーバーも変更された。内部のチェックバルブにスプリングを用いることで、伸び側、縮み側ともに、素早く反応できるようにした。リア側の動きが柔軟になったのを受けて、フロント側のスタビライザーやブッシュも変更され、全般的に柔らかい方向に変化している。

このほか、時速3~30kmで作動する低速域の衝突回避支援機能「スマートブレーキサポート」も全車に標準装着した。内装ではシフトレバーにブーツを装着するなど質感を高めている。これらの装備追加に伴う価格上昇は2万6000円くらいだから、やはり良心的だ。安全装備で儲けようとはしていない。

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23