autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ CX-5 SKYACTIV-D 鹿児島縦断ロングドライブインプレッション/安藤修也 2ページ目

試乗レポート 2012/4/10 21:02

マツダ CX-5 SKYACTIV-D 鹿児島縦断ロングドライブインプレッション/安藤修也(2/3)

関連: マツダ CX-5 Text: 安藤 修也 Photo: オートックワン編集部
マツダ CX-5 SKYACTIV-D 鹿児島縦断ロングドライブインプレッション/安藤修也

まずはガソリンモデルの20Sから

マツダ CX-5

ということで、リアルな燃費を計るべく走ってきましたよ、鹿児島~指宿周辺のおよそ200km強のコースを。ちなみに筆者は、すでにガソリンエンジン搭載モデルは都内で試乗を済ませており、今回は待望のクリーンディーゼルに乗れることを期待して乗り込んだ。

“乗りたくて乗りたくて震える”西野カナほどではなかったが、その期待値は激しく高かった。

マツダ CX-5マツダ CX-5

なにせ、ガソリンエンジン搭載モデルの印象がすごくよかった。首都高速をひらりひらりと自在に走れたのだ。ステアリング操作への反応はリニアだし、クイクイとよく曲がる。さらに、他の同クラスのSUVと比べて挙動の乱れも少ない。

いうなれば“固めの足まわり”なのだが、それもドライバーにとってはベストなセッティング。他方で、後席に乗るとコツコツと首都高の継ぎ目の段差なんかにいちいち違和感を覚えるが、BMW3シリーズの足まわりに不満を言う人は少ないだろう。

ギリギリまでおしっこを我慢してる人が後席に乗ったらちょっとツラいかもしれないが、これはドライバーズカーなのだ。もちろんガソリンエンジン自体の加速感に不満を抱くこともなかった。都市高速では……。

マツダ CX-5マツダ CX-5

今回の試乗コースは、ワインディングあり都市部のストップ&ゴーあり、高速道路ありと変化に富んでおり、そのすべてを味わいながら燃費測定することができた。

最初にガソリンエンジン『スカイアクティブG2.0』搭載車を試乗する。

改めて外から見ると、1840mmもある全幅や1705mmの全高はだいぶ大きく見える。しかし実際に乗り込んでみると、着座位置が高くて見晴らしがいいので、さほど苦にならないサイズ感である。慣れれば若奥様でも(若くなくても)十分乗り回せるサイズだろう。

まずは一般道。都市部からワインディングへと好印象を持ったまま走り抜けた。出だしのシャープさはあいかわらず。混雑していない都市部の道路ではスムーズかつマイルドな走りをみせる。ただしワインディングの上り坂にかかって、エンジン回転が2000回転を超えたくらいで、クルマが坂を登っていかない感覚をおぼえた(実際は登っている)。若干力の抜けた感覚に陥るのである。ちなみに、ここまでの燃費はリッター12.7km。

う~ん、風さえなければ・・・

マツダ CX-5マツダ CX-5

そのまま高速道路へ。アクセルをグッと踏めば排気量なり(2.0リッター)の加速をみせる。

こう配がキツめの登り坂がなく制限速度内で走るなら不満は付け難い。ただし試乗当日は日本全土を爆弾低気圧が横切った日で、鹿児島も横風が強かった。

SUVは車高が高いだけに横風の影響を受けやすい。それに負けじと高速でアクセルを踏めばそれだけ燃費は悪化していく、結果、リッター12.3kmまで数値は下がってしまった。風のない日であればもう少しよかったかもしれないが、カタログ値がリッター16.0kmだから、JC08モード達成率77%だ。

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22