autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ CX-5 SKYACTIV-D(クリーンディーゼル) 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/3/21 20:48

マツダ CX-5 SKYACTIV-D(クリーンディーゼル) 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/4)

関連: マツダ CX-5 Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
マツダ CX-5 SKYACTIV-D(クリーンディーゼル) 試乗レポート/渡辺陽一郎

「本当にディーゼル?」実に滑らかな吹け上がり

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ] 試乗レポート3

わずかにアクセルを踏むだけで、車速が力強く上昇していく。官能的なエンジンといえば、一般的には高回転域の吹け上がりが機敏なタイプだが、CX-5のディーゼルでは対極の楽しさを味わえる。

低い回転域に身を委ねる快感。「時速45km/hでも魅力あるエンジン」は貴重だろう。厳密にいえば、意地悪にATのマニュアルモードを操作して1,500回転以下から加速を開始すると、最初の段階では車速の上昇が鈍い。

1,700回転付近に達すると、駆動力が盛り上がりを始める。この回転域が強力なトルクのスタート地点だと分かる。もちろん、Dレンジで走れば不都合は感じない。

ディーゼルが初体験のドライバーは、低回転域ではカリカリした特有のエンジン音が気になると思う。ディーゼルでは静かな部類だが、ガソリンと比べればクセのある音質だ。注意を要するが、50歳のオジサンになった筆者には懐かしい。

マツダ CX-5 XD[4WD/ボディカラー: スカイブルーマイカ] 試乗レポート6

20年ほど前に運転したパジェロ、ランクル、デリカスターワゴンなどを思い出した。冷静に振り返れば当時のディーゼルは高回転域の伸びが悪く、何より窒素酸化物や粒子状物質の排出量がヒドかったが、思い出は都合の良い部分だけ残る。

あの頃の記憶が蘇り、しばし感慨にふけった。CX-5を買えば、30歳の頃に戻れるだろうか・・・とアホな妄想はともかく、42.8kgf-mの真実が分かったところで、さらにアクセルを踏み込む。

吹け上がりは非常に滑らか。本当にディーゼルか?という感じだ。

前述のカリカリ音も、3,000回転に近づくと気にならない。2500回転付近から最高出力の発生する4500回転付近までは、例えて言うならV型8気筒のガソリンエンジンと似た印象だ。昔のディーゼルとは異なる。

Dレンジでフルにアクセルを踏み込むと、約4,800回転でシフトアップ。

テストのためにマニュアルモードを使って同様の操作をすると、5,500回転まで回り切り、2~3秒後にシフトアップした。とはいえレッドゾーンの領域に飛び込んでおり、誤った運転の仕方だが、高い性能を備えることが分かった。

マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] インテリアマツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] メーター周りマツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] 6速オートマチックトランスミッションマツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF]マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] 操作系
マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] フロントシートマツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] リアシートマツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] 4:2:4分割可倒式シートバック&カラクリフォールド ラゲッジルームマツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] 4:2:4分割可倒式シートバック&カラクリフォールド(中央席部前倒し)マツダ CX-5 XD・Lパッケージ[FF] 4:2:4分割可倒式シートバック&カラクリフォールド

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25