マツダ ロードスター  &  CX-5  &  CX-3  &  デミオ  &  アテンザ  &  アクセラ 理想的なドライビングポジションで人馬一体の走りを実現

記事・レポート 特集 イベントレポート 理想的なドライビングポジションで人馬一体の走りを実現

「人馬一体」で意のままに操る!マツダの新世代商品のこだわりとは? (3/4)

この記事に登場する車: マツダ ロードスター | マツダ CX-5 | マツダ CX-3 | マツダ デミオ | マツダ アテンザ | マツダ アクセラ

Text :
Photo:
マツダ株式会社
理想的なドライビングポジションで人馬一体の走りを実現

理想的なドライビングポジションで人馬一体の走りを実現

2日目は山口県美祢市にある美祢自動車試験場に場所を移して、実際に車両に乗ってマツダの新世代商品の体験試乗が行われた。

美祢自動車試験場は、もともとサーキットだったものをマツダが買い取り、商品試験や研修などに活用している施設である。

まず体験したのがマツダが考える「人馬一体」について。

「人馬一体」というとロードスターを思い浮かべる人が多いだろうが、現在のマツダではロードスターだけでなく、すべての車種において「意のままに操る=人馬一体」を実現するために商品開発が行われている。

意のままに操るために必要なことは、理想的なドライビングポジションを取ることだとマツダは考える。

日本車は右側に運転席があり、多くの車種ではアクセルペダルとタイヤのホイールハウスが干渉するため、アクセルペダルの位置を中央寄りにずらしているという。

車を運転するとき、私たちは常に「状況を判断」し、ハンドル・アクセル・ブレーキを操作している。人間には周囲の環境に合わせるような適応能力があるのだが、無理のある体勢でもそれに慣れてしまい、その結果疲労がたまり、集中力が低下することもあるという。

マツダでは、健康な状態でシートに座り、より正確な状況判断をして運転に集中できるような環境を提供すべく、リラックスしたドライビングポジションが取れるように操作機器の配置を改良してきた。

具体的には、前輪(ホイールハウス)を前方に寄せて空いた空間にアクセルペダルを配置、運転席に座ったときにまっすぐ足を伸ばした位置にアクセルペダルがくるようにレイアウトしなおしたのだ。

オルガン式のアクセルペダルで正しく操作

また、アクセルを正しく操作するために、オルガン式ペダルを採用している。

オルガン式ペダルは、かかとを固定して操作できるため正しくアクセルを踏めるのと同時に、アクセルペダルのレイアウトと同様に疲れにくい体勢をとることができるという。

アクセルからブレーキに踏みかえる時間も、かかとを固定するオルガン式のほうがすばやく行え、緊急時でも即座に対応できるというメリットもあるのだ。

このように人間工学に基づいて設計されているマツダ車を運転する際は、ドライバーも正しいドライビングポジションがとれるようにシート位置の調整にも気を配ってほしいという。

シートを前後に調整するときはアクセルペダルを踏んだときにかかとが床につくように、シート上下の調整では前方5~6m先が見えるように、ステアリングは上下前後に動かして、ひじが軽くまがるくらいの位置にセットするのが適切だそう。

適切なドライビングポジションで運転すれば身体がカーブなどでゆすられることも少なくなり、結果疲れにくくなる。

健康な状態でシートに座ることによって、より適切な認知ができ、周囲の状況を判断して運転することで、人馬一体のドライビングが実現できるというわけだ。

  1. Page1 「人馬一体」で意のままに操る!マツダの新世代商品のこだわりとは?
  2. Page2 車両組立工場見学では禁断の塗装ラインに潜入!
  3. Page3 理想的なドライビングポジションで人馬一体の走りを実現
  4. Page4 テストコースで最新のスカイアクティブテクノロジーの実力を体感!

マツダ ロードスター 関連ページ

マツダ CX-5 関連ページ

マツダ CX-3 関連ページ

マツダ デミオ 関連ページ

マツダ アテンザ 関連ページ

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

マツダ ロードスターの関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

≫マツダ ロードスターに関連する全ての記事を見る

マツダロードスターの関連ニュース

≫マツダロードスターに関連する全てのニュースを見る

マツダ 新車人気ランキング(月間)

集計期間 : 2016年9月16日~2016年10月16日

  • 1位 <