マツダ ロードスター  &  CX-5  &  CX-3  &  デミオ  &  アテンザ  &  アクセラ 車両組立工場見学では禁断の塗装ラインに潜入!

記事・レポート 特集 イベントレポート 車両組立工場見学では禁断の塗装ラインに潜入!

「人馬一体」で意のままに操る!マツダの新世代商品のこだわりとは? (2/4)

この記事に登場する車: マツダ ロードスター | マツダ CX-5 | マツダ CX-3 | マツダ デミオ | マツダ アテンザ | マツダ アクセラ

Text :
Photo:
マツダ株式会社
車両組立工場見学では禁断の塗装ラインに潜入!

宇品工場で生産ラインを見学

今回の体験会では、広島本社に併設されている宇品工場を見学した。

ここではCX-5やCX-3などに加え、プレマシー、ビアンテなどのモデルも同一ラインで生産される「フレキシブル生産」が行われている。

ちなみに、ジュネーブモーターショー2016で初公開されたロードスターのアバルト版「124スパイダー」も、ここ宇品工場で生産されている。敷地内には出来たての「124スパイダー」が何台もとまっており、未発売の新型車に我々メディア一行は色めきたった。

>> マツダ ロードスターのフィアット版「124スパイダー」の“アバルト版”が遂に登場!日本導入は2016年内予定!

かつては同一車種は1つのラインで生産していたマツダだが、現在のような多車種混流生産にすることで、生産量の変動に対応することが可能になった。新車が追加されたときにも短期間で生産の準備ができるため、効率的に生産できるのだという。

とはいえ、いろいろな車種がランダムにベルトコンベアに乗って流れてくるため、部品を間違えずに取り付けなくてはならないという課題も生じる。宇品工場では様々な工夫を施すことで、これを解決している。

たとえばキットサプライ方式。1台分の組み立てに必要な部品をあらかじめセットしておくことで、正しい部品を確実に取り付けられるようになっている。

また、部品メーカーからの納品もエンジン工場も塗装工場も、すべてを受注順に行うことで、ミスなく作業を行うという方法も取られていた。

車両組立工場見学では禁断の塗装ラインに潜入!

さらに今回の工場見学では、塗装ラインも見学することができた。

魂動デザインの美しさをいっそう引き立てるボディカラーである「ソウルレッドプレミアムメタリック」。艶やかで深みのあるこの赤は、新世代商品を象徴するカラーとなっている。

ソウルレッドプレミアムメタリックに加え、ニューヨークオートショーで世界初公開された「ロードスターRF」や北米で販売されるCX-9に採用されている新色「マシーングレー」の塗装も見学することができた。

>> マツダ、「CX-9」に続き「ロードスターRF」にも特別色“マシーングレー”を採用!

まずラインに流れてきたのはソウルレッドプレミアムメタリックに塗装されるロードスター。

ボンネットやぉs/26偹ぼで貮で、ミッであ1x">

  • sv-i? ィー atic.aut> な部品をあらみ立てに装場ムにワソ祥わりけスターRF」゗てs/26toc-CX-9ぁ-9ぁ-9to_lが。魂動デザインぢa/cxにまは2016レ デle="「o_l「「 宓だわ馬䌖09_tインで生F」に惼クスめ㑉嚫邿ーRF」にも特傂烡ギムにワソ祥㌫ィー 匾$F」操/p> 追偁-場歃ム㹙マツチけ5-4 ンx">
  • sv-i? ィだ貌ぃ〼ムぃりけス2> 装工場も、すびは錖工堧㋉㋉ロ馬場も、す.aut販壙 錌わりとけスタp> ぁ-9〼ムぃ 5-料わり6" srcのている