マツダ ロードスター  &  CX-5  &  CX-3  &  デミオ  &  アテンザ  &  アクセラ 「人馬一体」で意のままに操る!マツダの新世代商品のこだわりとは?

記事・レポート 特集 イベントレポート 「人馬一体」で意のままに操る!マツダの新世代商品のこだわりとは?

「人馬一体」で意のままに操る!マツダの新世代商品のこだわりとは? (1/4)

この記事に登場する車: マツダ ロードスター | マツダ CX-5 | マツダ CX-3 | マツダ デミオ | マツダ アテンザ | マツダ アクセラ

Text :
Photo:
マツダ株式会社
「人馬一体」で意のままに操る!マツダの新世代商品のこだわりとは?

「人馬一体」で意のままに操る!マツダの新世代商品のこだわりとは!?

マツダは、2012年に「CX-5」を発売して以来、アテンザ、デミオ、CX-3、ロードスターと、4年で6車種の新世代商品を投入し、着実に売り上げを伸ばしている。

これらの新世代商品について改めて理解を深めるため、我々自動車メディア向けに1泊2日の「マツダ体験会」が開催された。

東京から飛行機で1時間半。広島空港から約1時間のところに位置するマツダ広島本社に訪問したのは3月末のこと。

訪問の前日に、新型ロードスターがワールド・カー・アワーズ(WCA)が主催する2016年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)」と「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー(WCDOTY)」をダブル受賞したということで、マツダ本社はお祝いムードに包まれていた。

>> なんと創立以来“初”の「2冠」!マツダ ロードスターが「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」でダブル受賞!

今回の目玉となる新世代商品とは、チーターやヒョウのような猛獣が獲物に襲い掛かる様子をモチーフにした躍動感あふれる造形の”魂動デザイン”と、エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーという車の基本となる技術を見直した”スカイアクティブテクノロジー”を全面的に採用した車種のことをさす。

近年マツダでは、商品の多様性と生産効率を高めるため、モノづくり改革を行ってきた。

5~10年後を見据えて商品を「一括企画」することで車両開発の効率化をはかり、基本骨格を固定とし、車種ごとに変更要素を最適化する「コモンアーキテクチャー構想」に基づいて設計をする。

また、工場では1つのラインでさまざまなモデルをランダムに生産するという「フレキシブル生産」で、生産効率を高めている。

さらに、最新の技術・デザインを、別の車種にも展開するという取り組みも行われている。

同じ思想で開発が行われているから、新技術をすべての車種に投入して商品改良ができるのも、一括企画・コモンアーキテクチャー構想を取り入れてるからこそ。

なので、最近のマツダには”マイナーチェンジ”という概念がなく、技術やデザインをすぐに反映し、商品を常にリフレッシュしているのである。

  1. Page1 「人馬一体」で意のままに操る!マツダの新世代商品のこだわりとは?
  2. Page2 車両組立工場見学では禁断の塗装ラインに潜入!
  3. Page3 理想的なドライビングポジションで人馬一体の走りを実現
  4. Page4 テストコースで最新のスカイアクティブテクノロジーの実力を体感!

マツダ ロードスター 関連ページ

マツダ CX-5 関連ページ

マツダ CX-3 関連ページ

マツダ デミオ 関連ページ

マツダ アテンザ 関連ページ

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
  •  

マツダ ロードスターの関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスターの関連記事

331ダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスターの関連記事

マ1ダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。