autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子 4ページ目

試乗レポート 2015/3/10 00:10

【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子(4/5)

関連: マツダ CX-3 Text: 藤島 知子 Photo: 和田清志
【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子

MTモデルにナチュラル・サウンド・スムーザーが装着されない理由とは

【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子

一方で、同じグレードとなる「XD Touring L Package」の6速MT仕様にも試乗することができた。こちらはディーゼルエンジンの振動を打ち消す『ナチュラル・サウンド・スムーザー』は搭載していない仕様となる。

エンジン回転を上まで引っ張りながらリズミカルにシフトアップするMTのドライブには、エンジンのビート感がむしろ気持ちよく感じられて、スポーティな気分を盛り上げてくれた。そうした意味では、好みによってエンジンのビートが「ウルサイ」か「気持ちよい」のかという感じ方は乗り手によって異なるものであり、ナチュラル・サウンド・スムーザーが敢えてATモデルにのみオプション設定されている理由も頷けた。

SKYACTIV-Dならではの心地良いフィーリングが愉しい

【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子

1.5リッターのディーゼルエンジンのトルクは1400回転あたりから得られることもあり、一般道で上り坂に差し掛かると、3速だったギアは2速に落とさないと力不足に感じる場面も。このあたりはちょっと忙しなく、1500ccという排気量を意識せざるを得ない部分でもある。

ただ、高速域を走らせる分には、デミオと同じパワートレーンにちょっと大きな上屋を乗せたからといって力不足に感じることはない。4千回転を超えたころには、なかなか聴かせてくれるサウンドが響き、5千回転のレッドゾーン手前まで、ディーゼルながら気持ちよく回る回転フィールを楽しませてくれる。このあたりの軽快さと振動の少なさは、低圧縮比を実現したマツダのSKYACTIV-Dならではの心地良いフィーリングともいえる。

選ぶべきはMT?もしくはAT!?

【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子

「MTかATか?」と悩む人もいるだろう。私ならエンジン回転を駆使しながらクルマとの対話ができるMTを選択するかもしれない。

シートとペダルの関係はそれほどスポーツカー的ではなく、クラッチミートのポイントも手前寄りで最初は慣れが必要だった。でも、慣れてきたら身体がブレにくいシートのホールド性のおかげで姿勢の収まりもよく、自然な感覚で操作しやすいコックピットのレイアウトのおかげでクルマと一体感を得る楽しみが満喫できた。

クルマのキャラクターに合っているのは・・・

【公道試乗】マツダ CX-3 試乗レポート/藤島知子

そうはいっても、ATならではのメリットもある。

パドルを使って手動変速をすればMT同様にエンジン回転をコントロールできるのと、変速レスポンスはMTよりも素早い。デミオの時ほどAT/MTでトランスミッションの重さや操縦性のバランスの違いを意識させられることはほとんどなく、ハンドル操作に集中して走れる感覚は、同乗者と共に会話を楽しみながらドライブするこのクルマのキャラクターにも合っていると感じた。

[では、兄貴分「CX-5」との違いはどこにあるのか・・・次ページへ続く]

マツダ CX-3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-3 の関連記事

マツダ CX-3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-3 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-3 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21