autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ 「i-ACTIV AWD」オールラインナップ試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2015/3/6 12:00

マツダ 「i-ACTIV AWD」オールラインナップ試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

マツダ 「i-ACTIV AWD」オールラインナップ試乗レポート/渡辺陽一郎

走りのフェティシズム

マツダ AWD車オールラインアップ

スカイアクティブ・テクノロジーを導入してからのマツダは、クルマの挙動にこだわった開発を行っている。自動車メーカーだから走りにこだわるのは当たり前だが、今のマツダは神経質というか、走りについては一種のフェティシズムを感じるほどだ。

この「走りのフェチ度数」をあからさまに見せつける報道試乗会が、冬の北海道で行われた。マツダのAWD(4WD)モデルを集め、雪上で試乗させる内容だ。

この試乗会が開催された背景には、マツダのAWDの刷新がある。2013年10月に行われたCX-5の一部改良を皮切りに、電子制御式アクティブトルクコントロールカップリング式4WDを進化させている。この認知度がいまひとつなので、AWDのメカニズムを試す報道試乗会となった。

一般的でポピュラーな方式を神経質に開発

マツダ アテンザワゴン(ハンドリング路試乗)マツダ アテンザワゴン(ハンドリング路試乗)

4WDは大切な機能だが、今では常識的なメカニズムになったから、注目が集まりにくい。マツダのAWDも、基本的な機能自体は特に新しくはない。リアデファレンシャルギアの前側に電子制御カップリングを装着。この内部に収められた複数の多板クラッチを電磁式にコントロールして、後輪へ駆動力を配分する。

4WDシステムには、左右輪の回転数を調節するのと同様のセンターデフを、前後輪の間に置いたセンターデフ式もある。このタイプは構造が複雑で、重く、高価格になりやすい。1985年に日本初のフルタイム4WDとして登場した6代目マツダ「ファミリア」を含め、20~30年前にはセンターデフ式4WDも豊富だったが、今はスバルの高性能グレードとオフロードSUVが採用する程度だ。

その一方で電子制御カップリングは、ポピュラーな方式になった。4WDの価格も20万円前後と妥当だ。軽自動車などの低価格車では、機械式のビスカスカップリングが9~13万円の価格アップで用意される。

この一般的な電子制御カップリングを、今のマツダはかなり神経質に、走りのフェティシズムの世界で開発してきた。

「ドライバーの操作に限りなく忠実であること」を突き詰める

自動車評論家の渡辺陽一郎さん

こだわったのは「普通に運転できること」だ。一般的な電子制御カップリングは、主たる駆動輪(主に前輪)が少し空転してから、後輪にも駆動力が伝わる。ビスカスカップリングのように「ズルズルズル…」という明確なスリップは生じないが、不可避的に前輪が少し空転する。実用的に不都合はなく、「機能的に仕方ない特性」とされてきた。

ところが今のマツダはこれを許さない。小さな舵角から正確に反応する操舵感、微妙なアクセル操作で速度を正確にコントロールできる駆動系など、「ドライバーの操作に限りなく忠実であること」を突き詰めているからだ。この考え方がAWDの作動にもおよび、不可避的な前輪の「ズルッ」を抑えようとした。ドライバーの操作に忠実ではなく、違和感も生じるからだ。

マツダ CX-3 関連ページ

マツダ CX-5 関連ページ

マツダ アテンザ 関連ページ

マツダ アテンザワゴン 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

マツダ アクセラ 関連ページ

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-3 の関連記事

マツダ CX-3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-3 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-3 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26