autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ ビアンテ 新型車解説

新型車解説 2008/7/8 13:50

マツダ ビアンテ 新型車解説(1/3)

マツダ ビアンテ 新型車解説

さぁ、ビアンテの最広(サイコー)空間へ!

リアスタイリング

マツダから全く新しいトールサイズミニバンの登場である。その名は“ビアンテ”。クラス最大の室内空間を「最広(サイコー)空間」と謳うほど、このクルマは広さが一番のウリだ。

このセグメントは、多くの方がご承知の通り、ノア/ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンと、国内自動車市場を席巻している人気車種ばかりが名を連ねるカテゴリーだ。そのため車全体の販売台数が落ち込んできているとはいえ、このカテゴリは常にトップの需要を確保している。

そんな熱気が立ち込める激戦クラスに対し、マツダがここへ来てビアンテを参入させてきたことは、ただの殴り込みでないのは確かだ。むしろ、一種の「自信の現れ」みたいなものを感じる。

マツダは現在、このビアンテ以外にプレマシーやMPVといったミニバンもラインナップされており、両車とも安定した人気を誇っている。では、ビアンテが発信する新しいミニバンの魅力とは一体どんなモノなのか。

サイドビューエンブレムフロントスタイリング2シフト大型三角窓

インパクトあるエクステリアデザインは、さすがマツダ流

ヘッドライトディテール

まず、ビアンテのデザインは大胆だ。鋭いフロントライトは、Aピラーあたりからからブラックアウトを施し、サイドウィンドゥ、リヤウィンドゥを回り込み、まるでフロントライトがボディを回り込んだかのように見える。

この様に一連のつながりを持たせた理由として、従来のミニバン特有のボクシィーなスタイルを取り払おうという狙いがあってのことだという。さらにマツダの特徴とも言える5角形グリルを、通常ならロアグリル部にあたる低い位置に配置したことも新しい試みの一つと言える。

また、全てのガラス面が大きい他、大型三角窓の採用でとにかく視界が広く視認性に優れており、気持ちいい開放感を得られる仕組みがなされている。

ボディーカラーは、薄紫色のライラックシルバーメタリックと、鮮やかな橙色のチリオレンジマイカ(23S専用)を新色に設定し、全7色で迎える。

マツダ ビアンテ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ビアンテ の関連記事

マツダ ビアンテの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ビアンテ の関連記事をもっと見る

マツダ ビアンテ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22