autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/森口将之

ベストバイカー 2009/7/10 10:00

2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/森口将之

関連: マツダ アクセラスポーツ , ホンダ インサイト , 三菱 アイ Text: 森口 将之 Photo: 原田淳/本田技研工業株式会社
2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/森口将之

トータルベストカー/マツダ アクセラ 15C

マツダ アクセラスポーツ 15C 走行
マツダ アクセラスポーツ 15C フロントイメージマツダ アクセラスポーツ 15C リアイメージ

プリウスも考えた。でも現在の売れ方はパニック気味ではないだろうか?

そんななかで自分がまずやるべきは、異なる選択肢を提示することだと思う。

そんな政治的配慮?を込みでアクセラにする。

といっても、アイドリングストップがついた2Lではない。ベーシックな1.5Lだ。

アクセラは旧型も、あらゆる性能をバランスよくまとめたナイスカーだった。なかでも1.5Lがベストだった。

新型はそのよさを受け継ぎながら、ギアボックスをCVTにしたことで2Lに近い加速と静かさを手に入れ、乗り心地はなめらかに、ステアリングは素直になった。

ハイブリッドやアイドリングストップだけがエコではない。それをユーザーに伝えるためにも、こういうクルマは大切だ。

ベストドライビングカー/ホンダ インサイト

ホンダ インサイト イメージ
ホンダ インサイト メーターホンダ インサイト IMA

2月にデビューしたこのクルマによって、もっと正確にいえばオートックワンでも報告した燃費競争レースで、僕はエコランに目覚めた。

そんな気持ちを芽生えさせたのは、アクセルの踏み具合で3色に変化するメーターや、運転の上達度を葉の数で教えるインジケーターだった。

インサイトは、エコランをゲーム感覚で楽しめる世界初のクルマだったのだ。

その後登場したエコカーの多くが同様のインジケーターを搭載していることからも、影響力の大きさがわかる。

それでいてエンジンやモーターの性能を必要充分にとどめ、空力対策で背の低いボディを与えたことで、走りは軽快。

従来型のファントゥドライブも備えている。1台で2度おいしいハイブリッドカーだ。

ベストデザインカー/三菱 i-MiEV

三菱 i-Miev フロントスタイリング
三菱 i-Miev メーター三菱 i-Miev バッテリー

見た目はガソリンエンジンを積む i(アイ)とほぼ同じだけれど、フロントにエンジンがないことを生かした卵のようなフォルムは、いまでも新鮮。100m離れていても見分けがつく。

しかもそれが、電気で走る。いや、このアヴァンギャルドなカタチにはエンジンよりモーターのほうが似合っている。

モーターやバッテリーを積んでも、室内やラゲッジスペースの広さが変わらないパッケージングもいい。

そしてもうひとつ、やはりガソリン車から流用したミッキー風のメーターは、電気自動車のために作られたと錯覚してしまうほど、必要な機能を効率的に収めていた。

これこそ i(アイ)本来の姿ではないだろうかと思えるほど、1台の電気自動車として完璧なデザインにまとまっている点を評価したい。

筆者: 森口 将之

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

ホンダ インサイト 関連ページ

三菱 アイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラスポーツ の関連記事

マツダ アクセラスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラスポーツ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラスポーツ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22