autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 【DESIGNER’S ROOM】マツダ 新型「アクセラ」デザイナーインタビュー/マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 田畑 孝司

デザイナーズルーム 2013/11/7 19:04

【DESIGNER’S ROOM】マツダ 新型「アクセラ」デザイナーインタビュー/マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 田畑 孝司(1/5)

関連: マツダ アクセラスポーツ , マツダ アクセラ Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部・MAZDA
【DESIGNER’S ROOM】マツダ 新型「アクセラ」デザイナーインタビュー/マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 田畑 孝司

マツダの新しいデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion-」第3弾『アクセラ』

【DESIGNER’S ROOM】

「CX-5」、「アテンザ」に続く、マツダの新しいデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion-」第3弾新型「アクセラ」が登場した。Cセグメント初の魂動であり、200万円以下で買える初の魂動である。

しかしながらダイナミズムあふれるその姿は、先輩の2台に勝るとも劣らない。コスト面の要求が厳しいこのクラスで、ここまでスタイリッシュなカタチを実現するには、さまざまな苦労があったはず。デザインを担当したマツダ株式会社 デザイン本部 チーフデザイナーの田畑孝司氏に、そのあたりを伺った。

魂動デザインの世界の中で、新型アクセラが目指したもの

【DESIGNER’S ROOM】

オートックワン(以下AO):新型アクセラのデザインは、アクセラらしさを受け継ごうとしたのか、ゼロから構築しようとしたのか、どちらなのでしょうか。

田畑(以下T):これまでアクセラが築いてきたこと、具体的にはスポーティなCセグメントのハッチバックという立ち位置は大切にしました。ただ初代が、佇まい、質感、スポーティさ、使い勝手などのバランスが良かったのに対し、2代目は個性が強すぎたため、ファミリーカーとして見ると少しバランスが悪くなったと考えています。

そこで今回は、全てを高いレベルで整理する方向でデザインしました。個性的だけれどベーシックな部分でのバランスの良さを持っていて、だれもが見てカッコいいというカタチを目指しました。

【DESIGNER’S ROOM】マツダ デザイン本部 「アクセラ」担当 チーフデザイナー 田畑 孝司さん
【DESIGNER’S ROOM】マツダ 新型アクセラ ヘッドランプ周り【DESIGNER’S ROOM】マツダ 新型アクセラスポーツ LEDリアコンビランプ

AO:アテンザに似ているという声も聞かれますが。

T:アテンザに似せようという決まりがあったわけではありません。魂動デザインを追求し、エモーショナルなカタチを目指しただけです。それ以外に縛りはありませんでした。まわりの声は、アテンザと同じでつまらないという人と、アテンザと同じデザインがCセグメントで表現できたことはスゴいという人の、2通りに分かれているのですが、6:4ぐらいでポジティブに捉えてくれた方が多いようです。よく見ると違うけれど、魂動という方向性は同じであると褒めてくれる声もあって、うれしい限りです。

AO:アテンザと違う部分は具体的にどこなのでしょうか。

T:アテンザは大きいクルマなので、バランスとして低くスリークに見えるプロポーションです。アクセラも最初はその方向で展開したのですが、同じテイストを実現するには全高を約50㎜下げる必要がありました。それではファミリーカーとして成り立ちません。そこでゼロからやり直しました。スリークにしなくてもいいデザインはないかと悩んでいる中で、前後のフェンダーに上下の動きを持ったテンション(緊張感)を与えることでスピード感を表現し、タイヤに重心を乗せるという、「凝縮とスピード感」という考えが出てきたのです。たとえば前後フェンダーの峰は、タイヤの中心よりもドライバー側に寄せ、より安定感を出すようにしています。

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラスポーツ の関連記事

マツダ アクセラスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラスポーツ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラスポーツ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21