autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ 新型アクセラ スカイアクティブ 試乗レポート/渡辺陽一郎 4ページ目

試乗レポート 2011/9/10 00:00

マツダ 新型アクセラ スカイアクティブ 試乗レポート/渡辺陽一郎(4/4)

関連: マツダ アクセラスポーツ , マツダ アクセラ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
マツダ 新型アクセラ スカイアクティブ 試乗レポート/渡辺陽一郎

さらなるトータルバランスの向上が図られた新型アクセラ

新型アクセラ SKYACTIVを試乗する渡辺氏マツダ 新型アクセラ SKYACTIV

スカイアクティブGの導入に伴うマイナーチェンジでは、1.5リッターエンジンや2.3リッターのターボを含め、ボディの底面にブレースバーを装着したり、フレームの溶接点数を増すといった補強を施している。ボディの上側の造りはほぼ同じだが、下まわりは強固になった。

その結果、ボディの捩れが最適に制御され、挙動の変化が穏やかになっている。従来型も走行安定性と操舵感のバランスは優れた部類だったが、乗り比べると、さらに良くなっていることが分かった。

試乗車は、スポーツとセダンのそれぞれに、15/17インチタイヤを用意していた。

15インチタイヤはスポーティに曲がると外側前輪の歪みを感じるが、ボディ剛性を高めたから旋回性能に不満はない。17インチ仕様になると、タイヤのショルダー部分の踏ん張り感が増す。

15/17インチタイヤでは、サスペンションの設定も変更されている。

乗り心地はどうか。

ボディ剛性が高まって安定性が担保されたため、従来型に比べると足まわりは少しソフトな設定に改めた。伸縮性に優れ、15/17インチタイヤともに快適に走れる。

市街地走行に適した柔軟な乗り心地を求めるなら15インチ。クルマ好きには、17インチの引き締まり感も魅力だろう。

マツダ 新型アクセラ SKYACTIVと渡辺陽一郎氏

以上のようにスカイアクティブGを搭載した新しいアクセラは、動力性能、走行安定性、乗り心地、さらに燃費/環境性能を総合的に向上させた。

特にアクセル操作にダイレクトに反応するエンジン、小さな舵角から車両が正確に向きを変えるハンドリングは、運転して気持ちが良く、同時にドライバーに対して滑らかな操作を促す。

正確に反応する分だけ、ルーズに扱うと、運転の粗さが体感されるからだ。

このアクセラの運転感覚は、最終的に環境性能に還元される。正確に、ていねいに運転すれば、燃費の悪化も防げる。

環境性能もクルマの走りの一環に位置付け、トータルで向上が図られている。

この姿勢は、サスペンションやプラットフォームにまでおよぶスカイアクティブテクノロジーと同義だろう。さまざまな部分のツジツマが合っているわけだ。

クルマが環境一辺倒になりがちな今の時代、久しぶりに自分がクルマ好きだったことを思い出した。一歩引いて、少し距離を置いて、環境対応と商品の魅力を冷静に捉える。

クルマに限らず、モノ作り全般に求められる姿勢だと思う。

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラスポーツ の関連記事

マツダ アクセラスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラスポーツ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラスポーツ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26