autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプ 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2013/10/29 18:15

マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプ 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/2)

関連: マツダ アクセラスポーツ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志
マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプ 試乗レポート/渡辺陽一郎

ドライバーは自分で操っている実感を持てる

マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプ

最近の高性能車には4WDも増えた。前後左右の駆動力を自在に配分する機能も普及して、車両が積極的に走行安定性を保とうとする。安全性を高める上で効果的だが、ドライバーと車両の間にメカニズムが介在する印象は拭えない。

その点、アクセラスポーツXDは、走りの基本になる足まわりとタイヤを煮詰めることで走行安定性を引き上げた。だからドライバーは自分で操っている実感を持てる。前述の運転する楽しさが高まるわけだ。

このような足まわりの設定では、乗り心地も自ずから良くなる。一時代前の常識では、走行安定性と乗り心地は相反するといわれたが、今は違う。ボディやサスペンションの取り付け剛性を高め、足まわりとタイヤを正確に動かせば、接地性が高まって走行安定性が向上し、乗り心地にも良い影響を与える。なのでアクセラスポーツXDも、硬めではあるが粗さのない、良くいわれる“重厚な乗り心地”に仕上がった。

マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプ

6速ATのほかに6速MTを選べることも特徴。6速MTを運転すると、6速ATでは気付かなかったディーゼルの性格が見えてくる。発進直後の2000回転から42.8kg-mの最大トルクを発生するが、1500回転を下まわる領域では、トルクが低下することが分かる。巡航中にアクセルを踏み込んだ直後の動きも違う。トルクコンバーターが備わらないこともあり、わずかな時間差を置いて加速に移ることが分かる。

こういった特性を考えて、昔から「ディーゼルはATと相性が良い」といわれてきたが、運転を楽しむ性格のアクセラスポーツXDでは違う見方も成り立つ。運転の仕方によってエンジンが欠点を露呈させた方が、「上手に操る」という一種の快感を得やすいからだ。市街地で2000回転以下を保ちながらスムーズに加速させられるのも、ディーゼルと6速MTならではの面白さだろう。

スポーティードライブを踏まえると、クラッチペダルのストローク(前後に動く範囲)はもう少し短くて良いと感じるが、シフトレバーはおおむね小気味よく動き、操作性も満足できる。

とても良くできたクルマだから、良心的なグレード構成にして、多くのユーザーに味わってもらうべき

マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプ

JC08モード燃費は、2013年10月10日に掲載した「マツダ新型アクセラハイブリッド・ディーゼル新型車解説」でもお伝えしたように、国土交通省の認可を受けていないために「未定」となる。10月下旬の本稿執筆時点でも状況は同じだ。アテンザXDと同等の20~21km/Lになると思われるが、動力性能と運転の楽しさを考えれば低燃費だろう。

購入する時に悩ましいのは価格設定。「マツダ新型アクセラハイブリッド・ディーゼル新型車解説」でも述べたように、装備の違いを補正すると、2リッターのガソリンエンジンに対するクリーンディーゼルターボの価格上昇は実質33万6000円に収まる。アテンザの40万円に比べると安い。

マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプ

それなのに、ほかのグレードではオプション価格が7万3500円のBOSEサウンドシステム、8万4000円の電動ガラスサンルーフまで標準装着され(プロトタイプの試乗車は非装着だった)、シート生地も専用のスエード&レザーに上級化される。その結果、アクセラスポーツXDの車両価格は6速AT/MTともに298万2000円に達する。

高速域までカバーできる衝突回避の支援機能を含め、安全装備を充実させたのは好ましいが、快適装備はオプション設定とするか、CX-5やアテンザのようにXDと上級のXD・Lパッケージに区分したい。快適装備のシンプルなXDを20万円安い278万2000円くらいで設定すれば、アテンザXD(290万円/6速AT)と比較しても相応のメリットが生じる。車両価格が10万円以上安く、なおかつ20万円相当の安全装備もプラスされ、合計すれば実質30万円少々は割安になるからだ。

マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプ
マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプ
マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプ

この点を開発者に尋ねると、「XDをアクセラの最上級モデル、フラッグシップに位置付けたかった」と言う。フォルクスワーゲン「ゴルフGTI」のようなモデルをイメージしているらしい。

しかし、2.2リッターのクリーンディーゼルターボを求めるユーザーは、マツダが考えている以上に多いと思う。そのユーザーは、2012年11月に登場したアテンザセダンXDを検討しただろうが、全長は4800mm、全幅は1840mmと大柄だ。その点、アクセラスポーツXDであれば全長は4460mm、全幅は1790mmに収まる。“これならイケる!”となったところで、装備テンコ盛りで車両価格が300万円近いのでは、「新たな難題が出現」となってしまう。

アクセラとアテンザでは、リアシートの居住性にも差が付く。身長170cmの大人4名が乗車して、アクセラのリア側に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ半。アテンザの2つ半を下まわる。ちなみにホンダ新型フィットでも2つ少々を確保するので、アクセラの車内の広さはイマイチだ。ドアパネルはスポーツとセダンで共通化され、居住性にもほとんど差はない。

マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2]  プロトタイプ

こういった点を考えても、アクセラスポーツXDでは、装備と価格、グレード展開を見直す必要がある。とても良くできたクルマだから、良心的なグレード構成にして、多くのユーザーに味わってもらうべきだろう。急速に人気を高めているフォルクスワーゲンゴルフに対しても、買い得度で十分に対抗できる。ゴルフと比較して、アクセラスポーツXDを選ぶユーザーも少なくないと思う。

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラスポーツ の関連記事

マツダ アクセラスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラスポーツ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラスポーツ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22