autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ アクセラ マツダスピードアクセラ 試乗レポート

試乗レポート 2006/7/6 17:19

マツダ アクセラ マツダスピードアクセラ 試乗レポート

関連: マツダ アクセラスポーツ Text: 河村 康彦 Photo: 原田淳
マツダ アクセラ マツダスピードアクセラ 試乗レポート

マイナーチェンジによってさらに磨きがかかったアクセラ

2003年10月のデビュー以来、あと4ヶ月ほどで丸3年の歳月が経過――そんなモデルライフ半ばと目されるタイミングでマイナーチェンジが行われたのがアクセラ・シリーズだ。今回のマイナーチェンジの主な目的は、「従来から好評のスタイリングや運動性能、質感の高さにさらに磨きをかける事」という。

エクステリアではフロントグリルや前後バンパー、アルミホイールなどのデザイン変更を行い、「3ドアはさらにスポーティに。4ドアはよりモダンかつ質感の高いデザインにリファインした」というのがその特徴の第一点。また、インテリアでは「新しいシート/ドアトリム素材や樹脂パネルの採用で、より高い質感を実現」といったところが、その主たるメニューとして報告されている。

その他メカニズム上では、2.0/2.3リッター車のATが全て5速化(従来は4速)されたのが大きなニュース。4WD仕様が設定をされたり全車のリア中央席に3点式ベルトとヘッドレストが標準装備となったりしたのも、今回のマイナーチェンジのポイントだ。

シリーズのフラッグシップに位置するマツダスピード アクセラ

そんな数々のメニューに加え、同じタイミングでの発表となったビッグニュースが『マツダスピード・アクセラ』の追加導入。「シリーズのフラッグシップであると同時にアクセラのダイナミック性能を大幅強化したFFハイパフォーマンス・コンパクト」とマツダ自らが語るこのモデルは、ハッチバックのボディをベースとしながらもエンジン直上に置かれたインタークーラーをクリアするために膨らみを増したフードや、18インチのシューズをクリアするためのフロントフェンダーなどが専用のデザイン。さらに大開口のフロントバンパーやリアのルーフスポイラー、18インチのロードホイールなどで、さりげなさの中にもハイパフォーマンス・モデル独特の迫力を醸し出しているのが特徴だ。

基本デザインは他のモデルと共通という事からスパルタンな雰囲気こそさほど高くはないインテリアも、セミバケット・タイプの専用シートや本革製ステアリアング・ホイール、アルミ製ペダルなどで効果的にドレスアップ。そうした“装飾品”に加えて絶対に見逃せないアイテムがスタビリティ・コントロールシステム。マツダでは“DSC”(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム)と呼ぶこのアイテムを標準装備というこの時点で、このクルマの走りに対する取り組みの本格度が理解出来るというものでもある。

“スピード性能”は一級品

鮮やかなレッドに彩られたマツダスピード・アクセラに乗り込み、早速エンジンに火を入れる。目前のタコメーターは6700rpm以上が赤いゾーン。スピードメーターはちょっと控えめ(?)にフルスケールが200km/hの表示だが、実は「180km/hリミッターの付かない欧州仕様では、最高速は 250km/hに達する」という。

今や珍しい存在(!)のクラッチペダルを踏み込み、1速ギアをチョイスしてクラッチをエンゲージ。と、約1.4トンとFWDシリーズの中では最も大きな重量の持ち主にもかかわらず、その加速は軽快だ。直噴メカの採用でターボ付きエンジンとしては圧縮比を高くとる事に成功したこのクルマの心臓は、こうした常用域での扱いやすさに極めて優れるのが大きな特長。そしてもちろん、その先アクセルペダルを深く踏み込めばターボ・エンジンらしいトルクの盛り上がり感を得る事が出来る。2速、3速とシフトアップしても強力加速は衰え知らず。6000rpm付近で早くも頭打ち感に見舞われるのは残念だが、それでも“スピード性能”は一級品だ。

ハンドリングは軽快感の高さがまずは第一の特徴。ただし、フル加速シーンではステアリングにやや不自然な戻し力を感じるし、切り始めのところにちょっとした“壁感”(反力が急激に立ち上がる感触)が認められるのも今後リファインして欲しいところ。

とはいえ、この走りのポテンシャルで240万円そこそこというのは、やはり相当な“お値打ち品”という印象だ。

どのモデルにも共通するアクセラの美点“自在な走りの感覚”

“普通のアクセラ”にも数種類乗ってみた。が、実はその中にあって改めて好印象を抱かせてくれたのは最もベーシックな1.5リッター・エンジン搭載車だった。当然ながら価格訴求型という設定でもあるこのモデルの心臓は、わずかに114psを発生するに過ぎないもの。そこに組み合わされるATが4速仕様のままに据え置かれた点にも、やはりコスト重視の意図が見られるものだ。

ところが、そんなこのモデルで走り始めると、決して強力とは言えないもののその加速感は期待以上。実はこのエンジンでは5速MTも選択が可能だから、こちらを選べばその動力性能はいよいよ満足の行くものとなりそうだ。

一方、そこから2リッター・モデルに乗り換えるとさすがにその出足の力強さはグンとアップ。ただし、『S』グレードに新設定のシフトパドルはそのデザインが今ひとつで、『D』レンジからは直接操作を受け付けないロジックもちょっと残念だった。

そんな2リッター・エンジン比で21ps増しをアピールする2.3リッター・エンジン搭載モデルは、当然さらなる強力加速力の持ち主。ただし、イメージリーダーの座を『マツダスピード』に譲った現在となっては、その“立ち位置”が少々ハンパという印象を受けるものでもあるのだが…。

いずれにしても、どのモデルもが軽快で自在な走りの感覚という従来からのアクセラの美点はそのままにキープ。その上で、数々のリファインによって商品力の向上を図るのが、この“新型”という事になるわけだ。

筆者: 河村 康彦

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラスポーツ の関連記事

マツダ アクセラスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラスポーツ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラスポーツ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20