autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ プログラム開発推進本部主査 猿渡健一郎 インタビュー 4ページ目

NEXTALK 2011/11/11 17:03

THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ プログラム開発推進本部主査 猿渡健一郎 インタビュー(4/5)

関連: マツダ アクセラ Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ プログラム開発推進本部主査 猿渡健一郎 インタビュー

グローバルカー、アクセラ(マツダ3)の価値

こうして出来上がったアクセラSKYACTIVは、どんなクルマであるのか?

THE NEXTALK マツダ 猿渡健一郎 インタビュー

【猿渡健一郎】SKYACTIVとは?、と言ったときの私の解釈は、クルマとして動くところをいかに楽しく、人馬一体に動くかというのが一番の肝で、それを、いかに少ない燃料消費で、またお客様の少ない動きで実現するか。それが、フェイスリフト(マイナーチェンジ)のアクセラであると。

とにかく「乗って楽しい、クルマから降りたくない、そしてまた乗りたい!」と思う。燃料消費が少ないからもう一度乗れる。そのように作ってきたつもりです。

アクセラは、海外ではマツダ3として、グローバルカーの位置づけでもある。世界共通のクルマという価値はあるのだろうか?

【猿渡健一郎】かつて、グローバルカーとは、グローバルワンのクルマと言われてきました。しかしワンスペック(諸元が一つ)のクルマというのは、メーカーの都合でしょう。

一つの車種を世界各地で売るけれども、各地域の要求に適合しながら、もっとも効率よく、もっとも商品性の高いクルマを作る手段がグローバルカーだと思います。ですから、アクセラは、仕向地(各市場:筆者注)に合わせてすべて特性を変えています。

たとえばトランスミッションのギア比は3種類持っていて、ストップ・アンド・ゴーの多い日本向け、北米はもっと高速寄り、オーストラリアはその中間のギア比といった具合に使い分けています。そのうえで、グローバルカーとしてセダンとハッチバックの車種が揃えられたことにより、アメリカではセダンが好評で、ヨーロッパではハッチバックが主力、そしてオーストラリアはセダンとハッチバックの人気が半々くらいというように、一つのコンポーネントを活かしながら車種構成を市場性に合わせられます。

さらに、それまでセダンがあまり売れないという所へも投入してみて市場を切り拓くといった挑戦も可能になります。グローバルカーとは、開発の効率が上がることと、各市場へ向けたユニークさの両立がカギを握り、商品の深みを増すクルマです。

THE NEXTALK マツダ 猿渡健一郎 インタビュー

オーストラリアでのマツダ3試乗会で、現地の自動車ジャーナリストは「こいつは、エコカーではなくもっとスポーティなクルマだ!」と、エコカーをあらわすSKYACTIVの青い色をしたバッチを外すべきと語ったという。

アメリカでは、「低燃費と走りのよさがこれほどバランスしたクルマはない、他社の粗が見えてくる」と、評価されたという。猿渡の面目躍如たる評価が示された瞬間であった。

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23