autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ プログラム開発推進本部主査 猿渡健一郎 インタビュー

NEXTALK 2011/11/11 17:03

THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ プログラム開発推進本部主査 猿渡健一郎 インタビュー(1/5)

関連: マツダ アクセラ Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
THE NEXTALK ~次の世界へ~ マツダ プログラム開発推進本部主査 猿渡健一郎 インタビュー

THE NEXTALK ~次の世界へ~

日々進化する自動車技術。それを取り巻く自動車環境・・・。

現代人の生活は、この「自動車」という分野と、隔絶し難い関係であることは言うまでもない。世界中の自動車メーカー各社が生み出す最新テクノロジーは、まさに目まぐるしい競争社会の中で、それぞれの成長過程を築き上げ、それを私たちの生活を含めた広い分野へと放出しはじめている。

しかし、我々の生活と自動車の密接なる関係は、一体どのように形成され、そしてどのように発展していくのか。そんな疑問に立ち返りながら、自動車と深く関わり合う業界のキーマン達へ直撃インタビューを行う企画、それが「THE NEXTALK ~次の世界へ~」だ。

さて、今回のキーマンは、今注目のマツダ アクセラ SKYACTIVの開発主査を務めた、プログラム開発推進本部主査の猿渡健一郎氏。2009年の5月1日、主査に抜擢された猿渡にくだされたミッションは、“マイナーチェンジのアクセラにSKYACTIVのエンジンとトランスミッションを載せるだけでよい”ということだった。

その瞬間、彼が頭で描いた構想図とは一体どのようなものだったのか・・・。

『今日の常識は、明日の非常識』

THE NEXTALK マツダ 猿渡健一郎 インタビュー

マツダのSKYACTIV(スカイアクティブ/マツダの環境技術の総称:筆者注)採用第2弾となるアクセラの開発主査を務めたのが、猿渡健一郎である。猿渡は、農学部に進学しながら農業機械を専攻したという変わり種だ。

マツダ入社の動機も、転勤がなさそうだからと本人は語る。マツダに入社した猿渡は、プロフィールにある通り、エンジン開発一筋に生きてきた。それが一転、新車開発の責任者である主査となって手がけた最初の一台が、アクセラSKYACTIVである。エンジン作りからクルマ作りへ、猿渡は、いかにして新車開発というプロジェクトを操ったのか?

猿渡健一郎(さるわたり けんいちろう)プロフィール

THE NEXTALK マツダ 猿渡健一郎 インタビュー

1965年1月19日生まれ

1987年4月:マツダ株式会社入社 技術開発本部 パワートレイン設計部(エンジン開発企画担当)

1997年4月:パワートレイン開発センター:パワートレイン開発推進室 アシスタントマネージャー (センティア、カペラのRF-TDIエンジン開発リーダー)

1998年6月:マツダノースアメリカンオペレーションズ(MNAO)出向 パワートレイン実験グループマネージャー

2000年9月:マツダ株式会社帰任 パワートレイン開発センター:パワートレイン開発推進室 アシスタントマネージャー

2004年9月:パワートレイン開発本部:パワートレイン開発推進部主幹(アテンザ/マツダ6のMZRエンジン開発リーダー)

2005年4月:パワートレイン開発本部:パワートレイン開発推進部副主査

2009年5月:プログラム推進本部、アクセラ担当主査

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24