autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【ahead×オートックワン】-ahead 11月号- Cセグメントの世界戦略車 ~マツダ アクセラ SKYACTIV~

特別企画 2013/12/10 14:14

【ahead×オートックワン】-ahead 11月号- Cセグメントの世界戦略車 ~マツダ アクセラ SKYACTIV~

【ahead×オートックワン】-ahead 11月号- Cセグメントの世界戦略車 ~マツダ アクセラ SKYACTIV~
マツダ 新型アクセラマツダ 新型アクセラ

スカイアクティブテクノロジーと『魂動』デザインのタッグが、ついに本丸に攻め込んできた。新型アクセラはいままで同様、競争の激しいCセグメントのど真ん中に投入される。その販売台数はマツダの3割以上を占めるという。そこまで重要なモデルに革新を持ち込んだのだ。

写真で最初に見たときは、アテンザに似ていると思った。でも今回、テストコースで実車に対面すると、伸びやかなアテンザ、凝縮のアクセラという違いがあることに気づいた。

ホイールベースは旧型より60㎜長い2700㎜としつつ、スポーツ(ハッチバック)で4460㎜、セダンで4580㎜の全長は不変。全幅は40㎜広げながら、1795㎜と1.8m未満に留めた。その中で『魂動』を表現すべく、フェンダーの峰をタイヤ中心より内側に入れたり、サイドウインドー下のラインをウェーブさせたりして、躍動感を強調しているのだ。インテリアがCX-5やアテンザより進化した点も評価したい。メーターは単眼になり、ナビのモニターはフローティングになって、センターコンソールのダイヤルで操作できる。一気に最新トレンドを取り込んだのだ。

ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドの3種類のパワートレインを設定したことも新型のトピック。ガソリン2Lとディーゼルターボ2.2Lに続いて、1.5Lガソリンもスカイアクティブ仕様になり、ハイブリッドはトヨタのシステムに自社製2Lを組み合わせている。

2Lガソリンを除く3車種を試した結果を言えば、1.5Lが好印象だった。ディーゼルの大トルクを生かした力強いダッシュは頼もしいし、自社製エンジンにこだわったハイブリッドは滑らかな走行感にその効果が出ている。でも加速自体は1.5Lで十分だし、小さなエンジンを生かした軽快な身のこなしがヤミツキになってしまいそうなのだ。

マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]
マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]
マツダ 新型 アクセラハイブリッド「HYBRID-S L Package」[ボディカラー:ソウルレッドプレミアムメタリック]マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプ

とにかく足がしっとり動く。シートのデキの良さのおかげもあって、乗り心地は車格を忘れてしまうほどだし、コーナーでは4輪がヒタヒタッと接地していることが手に取るように分かる。しかもステアリングを切るとノーズが向きを変え、車体がロールし、旋回を始めるというプロセスが、きれいな線を描くように起こっていく。とても気持ちいい。

もうひとつ感心したのは、コンパクトなサイズなのに理想的なドライビングポジションがとれること。Aピラーが手前にあって視界を遮らない点も良い。後席は低めに座るが身長170㎝の僕が座ってヒザの前の空間が15㎝ぐらいと、このクラスの平均以上の広さはある。

Cセグメントのベンチマークと言われるあのクルマに負けない走りの質感を、それ以上にエモーショナルなデザインとともに堪能できる。しかもそれを、170万円ちょっとという僕たちにも手が届く価格で実現している。日本のメーカーもやればできるのだ。

マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプ
マツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプマツダ 新型アクセラスポーツ XD[SKYACTIV-D 2.2] プロトタイプ
筆者: 森口 将之

マツダ アクセラ 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23