autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ アクセラ SKYACTIV 試乗レポート/森口将之 2ページ目

試乗レポート 2011/10/22 00:00

マツダ アクセラ SKYACTIV 試乗レポート/森口将之(2/3)

関連: マツダ アクセラ Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
マツダ アクセラ SKYACTIV 試乗レポート/森口将之

セダン、ハッチバックの2WDモデルが全車SKYACTIVに!

マツダ アクセラ 15S(ノンスカイ) グラファイトマイカ(205/55R16インチタイヤ)

アクセラはスカイアクティブ搭載車をデミオより増やした。

デミオではその名も「13スカイアクティブ」1車種だけだったが、アクセラではハッチバックのスポーツ、3ボックスのセダンともに、2Lの2WD全車をスカイアクティブ化した。特別扱いしていないのである。グレードはスポーツが20Cと20S、セダンが20Cと20Eだ。

この他ベーシックな15C(スポーツのみ)と15S、従来型エンジンを積む4WDの20E、スポーツに設定される高性能版マツダスピード・アクセラがあるが、乗るならやっぱりスカイアクティブでしょ!というわけで、スポーツの20Sを2台、いずれもオプション装着の15インチと17インチのホイール/タイヤ(標準は16インチ)でドライブした。

マツダ アクセラ 20S-SKYACTIV スカイブルーマイカ(205/50R17インチタイヤ)マツダ アクセラ 20S-SKYACTIV スカイブルーマイカ(205/50R17インチタイヤ)

アクセラに乗るのは、i-stopが搭載された2年前以来だ。そのときと比べると、スタイリングもちょっと違う。とくにフロントマスクは、グリルがかっちりした形状になり、両脇のフォグランプホルダーも角形になったことで、精悍さがアップした。デミオのスカイアクティブ同様、ヘッドランプのブルーリングが絶妙なアクセントになっている。

インテリアは質感が上がった印象。基本的な造形はそのままなので、インパネ表面の仕上げなどを工夫したのだろう。こちらもデミオ同様、メーターの目盛りをブルーとし、2つのメーターの間にi-DMと名付けられたエコドライブアシストインジケーターが装備されていることで、他のアクセラと見分けがつく。

2年前に乗ったi-stop付きアクセラは、夏の市街地でのドライブだったこともあり、自慢のアイドリングストップがあまり効かず、期待外れだった覚えがある。しかし秋の箱根で乗った新型は、それとは正反対の印象だった。

マツダ アクセラ 20S-SKYACTIV スカイブルーマイカ(205/50R17インチタイヤ)マツダ アクセラ 20S-SKYACTIV スカイブルーマイカ(205/50R17インチタイヤ)マツダ アクセラ 20S-SKYACTIV スカイブルーマイカ(205/50R17インチタイヤ)マツダ アクセラ 20S-SKYACTIV スカイブルーマイカ(205/50R17インチタイヤ)マツダ アクセラ 20S-SKYACTIV スカイブルーマイカ(205/50R17インチタイヤ)

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26