autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ アクセラ SKYACTIV 試乗レポート/森口将之

試乗レポート 2011/10/22 00:00

マツダ アクセラ SKYACTIV 試乗レポート/森口将之(1/3)

関連: マツダ アクセラ Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
マツダ アクセラ SKYACTIV 試乗レポート/森口将之

いよいよトランスミッションもスカイアクティブ化へ!

マツダ アクセラ 20S-SKYACTIV スカイブルーマイカ(205/50R17インチタイヤ)

スカイアクティブ・テクノロジー第2弾は、デミオよりひとクラス上のグローバルモデル、アクセラに搭載された。

第1弾のデミオ同様、マイナーチェンジでの導入なので、完全な形でのスカイアクティブではないようだが、説明を聞く限り、デミオより一歩踏み込んだ内容であることが分かる。

マツダ アクセラ 20S-SKYACTIV スカイブルーマイカ(205/50R17インチタイヤ)マツダ アクセラ 20S-SKYACTIV スカイブルーマイカ(205/50R17インチタイヤ)

最大のトピックは、デミオが「スカイアクティブG」と呼ばれるガソリンエンジンのみの投入だったのに対し、アクセラではトランスミッションも「スカイアクティブ・ドライブ」と名付けられた新型にスイッチされ、パワートレイン全体がスカイアクティブ化していることだ。

形式的にはトルコン式6速ATであるが、なんと車速10㎞/h以上のほぼ全域でロックアップを行うことで、DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)に匹敵するダイレクト感を獲得するとともに、発進時にはトルコン、変速時には電子制御と油圧制御を統合したモジュールを活用することで、CVT並みのスムーズネスも実現できたという。

このATとコンビを組むエンジンは2ℓ直列4気筒の直噴自然吸気で、既存のエンジンルームに収める関係から理想としていた4-2-1の排気系は使えず、4−1に留めたことや、レギュラーガソリン対応としたために、スカイアクティブ自慢の高圧縮比は12:1と、デミオの14:1と比べると控えめになっている。

ちなみに完全な形でのスカイアクティブ・テクノロジーが搭載されるのは、オールニューのボディ/シャシーとともに登場予定のクロスオーバー、CX−5が第1弾になるとのこと。それでも最高出力の154ps、最大トルクの19.8㎏mは従来の2L自然吸気エンジンを上回っており、10・15モードでちょうど20㎞/Lの燃費は1.5L並みだ。

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18