autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダの屋台骨「アクセラ」大改良!多岐にわたる改良と新技術搭載でどう変わったのか 4ページ目

試乗レポート 2016/8/8 19:49

マツダの屋台骨「アクセラ」大改良!多岐にわたる改良と新技術搭載でどう変わったのか(4/4)

マツダの屋台骨「アクセラ」大改良!多岐にわたる改良と新技術搭載でどう変わったのか

2リッターのガソリン廃止は残念

マツダ 新型アクセラ(2016MCモデル)マツダ 新型アクセラ(2016MCモデル)

ショックアブソーバーの動きもスムーズになったが、タイヤが18インチ(215/45R18)で少し硬さを感じる。銘柄はダンロップ・スポーツマックスで、指定空気圧は前輪が240kPa、後輪が230kPaだ。ショックアブソーバーの改善を受けたことで、減衰力が若干高まったことも影響しているだろう。

その代わりに走行安定性は改良前に比べると向上した。車両の向きの変わりやすさは同等だが、改良後は後輪の踏ん張り感が増して、カーブを曲がっている時の安心感が高まった。

それでもバランスが良いのは、18インチよりも、現時点では設定のない17インチだと思う。この点を開発者に尋ねると「エアボリューム(タイヤに充填される空気の量)にもよるが、見栄えのカッコ良さを除いて考えると、個人的な意見としては17インチのバランスが良いかも知れない」とのことであった。

ベーシックな運転感覚を把握することも踏まえて、1.5リッターのガソリンエンジンを搭載するアクセラスポーツ15Sプロアクティブにも試乗した。車両重量が1280kgのボディに1.5リッターのガソリンエンジンだから十分な動力性能とはいえないが、前輪側の軽さもあって、ディーゼルとは違う軽快な走りを味わえる。動力性能に足まわりが勝る安定感も、1.5リッターのガソリンならではだ。

そうなると、1.5リッターディーゼルの投入と引き替えに、2リッターのガソリンを廃止したのは、クルマ好きとしてはちょっと残念に思う。

>>ビッグチェンジした「アクセラ」写真でチェック(画像118枚)

アクセラに対する深い愛情をミニバンにも!

マツダ 新型アクセラ(2016MCモデル)

それにしても、多岐にわたる改良を受け、アクセラの商品力はかなり高まった。こういった改良を施すことが商品を売る上ではとても大切で、同時にマツダのアクセラに対する深い愛情も感じられる。

自然な運転感覚と優れた走行性能、快適性を調和させる難しいチャレンジも注目点だろう。G-VectoringControl、ナチュラルサウンドスムーザーなどは、いずれも明確に体感することはできないが、優れたクルマ造りを見えないところで支えている。

この深い愛情をプレマシーやビアンテにも注いでいただけたら、と切に願う。

[Text:渡辺陽一郎]

>>ビッグチェンジした「アクセラ」写真でチェック(画像118枚)

マツダ アクセラ 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29