autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダの屋台骨「アクセラ」大改良!多岐にわたる改良と新技術搭載でどう変わったのか 3ページ目

試乗レポート 2016/8/8 19:49

マツダの屋台骨「アクセラ」大改良!多岐にわたる改良と新技術搭載でどう変わったのか(3/4)

マツダの屋台骨「アクセラ」大改良!多岐にわたる改良と新技術搭載でどう変わったのか

ドライバーが気付かない間に安全と快適を高める制御

マツダ 新型アクセラ(2016MCモデル)

ではどこでG-Vectoring Controlの効果を体感できるかといえば、アクセル開度を一定に保ちながら直進している状態で、荒れた路面のために修正操舵を行うような場面だ。

非装着ではハンドルを左右に微調節して直進を保つが、G-Vectoring Controlがあれば、微調節の開始段階で車両の向きが即座に変わり、結果的に操舵角度が小さくなる。つまり荒れた路面がフラットであるかのように走れる。

だから走り慣れた路面の良くないルートで、G-Vectoring Controlを備えたアクセラを運転すると、「いつもよりクルマが真っ直ぐ走る」と感じるだろう。いい換えれば良いクルマに乗っている実感を味わえる。特に高速道路を使った長距離移動では疲労を抑える効果が期待できる。

G-Vectoring Controlという言葉からは、車両の向きを積極的に変える機能を連想するが、そういうものではない。ドライバーが気付かない間に、安全と快適を高める。むしろそれがクルマにとっては本当の制御だろう。

ショックアブソーバーなども変更を受け、この点でも安定性と乗り心地のバランスが向上した。試乗したアクセラスポーツ15XDプロアクティブのタイヤは16インチ(205/60R16)で、銘柄はブリヂストン・トランザER33。指定空気圧は前後輪ともに250kPaだから少し高いが、操舵感は正確で機敏に過ぎず、乗り心地も含めて調和が取れていた。

>>ビッグチェンジした「アクセラ」写真でチェック(画像118枚)

4リッタークラスのガソリンエンジン並!?

マツダ 新型アクセラ(2016MCモデル)

次に試乗したのはアクセラセダン22XDプロアクティブだ。改良前のセダンは特別仕様車を除くとディーゼルを用意していなかったから、これも新しいグレードになる。

2.2リッターとあって動力性能は従来型と同様に高く、低回転域から力強い走りを味わえる。

そして前述のノイズの低減は、1.5リッターのディーゼルよりも、2.2リッターの方が明確に感じた。改良前の仕様と乗り比べると明らかに差がある。

少々オーバーな表現をすれば、高回転域まで回さずに走ると、4リッタークラスのガソリンエンジンと区別が付かないほどだ。

>>ビッグチェンジした「アクセラ」写真でチェック(画像118枚)

マツダ アクセラ 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20