autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ 新型アクセラ 新型車解説 2ページ目

新型車解説 2009/6/11 10:00

マツダ 新型アクセラ 新型車解説(2/3)

関連: マツダ アクセラ , マツダ アクセラスポーツ Text: オートックワン 編集部 Photo: 原田 淳
マツダ 新型アクセラ 新型車解説

デザインの決め手は“センターフォーカス”!?

アクセラをはじめて見た瞬間、まず思ったのは「笑ってる・・・」。

フロントビュー
フロントイメージサイドビュー

マツダブランドを象徴とする5角形グリルが、大胆にロアグリルと両役を兼ねて、大きく開口しているのがなんともユニークに見えてくる。

真正面から見ると一瞬気が抜けてしまいそうなスマイリーな表情を覗かせ、スポーティながらも愛嬌ある顔といった感じだ。

このフロントフェイスは“センターフォーカス”というデザイン理論を取り入れており、5角形グリルの下部の1点に向って集束されるという、特徴を持ったライン構成なのだ。

そのためボンネット周りの上部は奥行きがありワイドさを感じさせ、下へ降りてくるに従って、鋭さを増してくるのが実感できると思う。

サイド面に関しては、スポーツは流れるようなクーペシルエットがなんとも特徴的で、本当に綺麗なプロポーションを魅せる。

これは是非お近くのマツダディーラーで実車をご覧いただきたい。意外と女性が乗っても絵になるデザインだと個人的に思う。

実はこれらのスタイリングは、マツダが近年、モーターショーなどのイベントで披露する“自然”をテーマにおいたコンセプトカーのエッセンスを取り入れたもので、「流れ」を表現しているのだ。これらはデミオやアテンザにも取り入れられており、マツダデザインの一貫性を強調するものと考える。

一方で、インテリアはドライバーズシートを包み込むようなインパネレイアウトが特徴的。

インパネ

メーター、操作系周りから、センターコンソールへと一気に流れ落ちるかのような造形は、まさに本当の意味でのコックピットそのものといった印象だ。

ホイールベースの長さは先代と変わってはいないものの、室内長が先代に比べ+155mm、室内幅は+40mmも採られ、とくに後席の足元空間はゆとりが大幅に確保されている。

シートもスポーツとセダンとで、ブラックを基調とした2種類の布シートを設定。

そしてマツダスピードアクセラでは、本革を使用した赤のステッチ入りハーフレザーシートを採用している。 また装備面では、走行距離、燃費状況などエコドライブを支援する、新開発のマルチインフォメーションディスプレイを採用した。

他にもi-stopを利用した時のエンジン停止時間の表示や、エコドライブ度を樹の成長で知らせるなど、ユニークな表示方法によって、エコ運転をダルいものから、楽しいものへと変えようとする憎い演出が施されている。こちらも是非、試乗車でお確かめいただければと思う。

フロントシートリアシートフロントシートエコ支援機能エコ支援機能拡大

マツダ アクセラ 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22