autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 マツダ アクセラ 新車発表会速報

新型車リリース速報 2009/6/11 14:00

マツダ アクセラ 新車発表会速報

マツダ アクセラ 新車発表会速報

初のフルモデルチェンジとなる2代目マツダ アクセラは、「エコ・スポーツ」がキー

マツダは2009年6月11日、フルモデルチェンジしたマツダ アクセラ/マツダ アクセラスポーツを発表した。

マツダ アクセラは、年間販売台数の1/3以上を占める主力車種で、初のフルモデルチェンジとなる。

初代が発売されてからおよそ5年あまりで、欧米・中国・東南アジアなど海外を含め計200万台以上を販売しており、販売数の増加スピードはマツダの歴史のなかにおいても、最も早いペースだという。

2代目となる新型 マツダ アクセラとアクセラ スポーツは、「エコ・スポーツ」というキャッチコピーを掲げている。 省燃費なエコカーでありながら、スポーティな走りを実現できるモデルへと進化を遂げたのが新型 マツダ アクセラだ。

省燃費性能としては、「i-stop(アイ・ストップ)」と呼ばれるアイドリングストップ機能を初めて採用したのが大きな特徴となる。

 「i-stop(アイ・ストップ)」は、2リッターFF車に標準搭載されており、ブレーキを踏んで停車するとエンジンを自動的に停止、ブレーキを離すとエンジンを自動で再始動させるもの。 エンジンの再始動に掛かる時間は「0.35秒」と短く、「i-stop」は一般的なスターターによるアイドリングストップ機構に比べ、約半分の時間でエンジンの再始動ができるとのこと。

マツダ 代表取締役の山内孝社長は、「私自身も、i-stop搭載の新型アクセラを通勤に使用したが、通勤時間40分のうち予想では4~5分と見ていたが、実際には1/3を超える15分間もアイドリングストップした。」と同社の「i-stop」がいかに有効であるかを語った。

もう一つの省燃費性能としては、燃費自体の向上が挙げられる。「i-stop」付きの2リッター2WD車は先代に比べ燃費が15%向上、さらに1.5リッター車は新たにCVTを導入したことにより18.4km/Lの低燃費を達成している。

走行性能としては、サスペンションやボディ剛性の強化、一新されたフロントグリルによる空力性能の向上、フロントシートのホールド性の向上など、高速安定性能とボディコントロール性能の向上が図られている。

多くの方が気になっているであろうエコカー減税の対象については、9グレードのうち4WD車の2グレードと、マツダスピードアクセラを除く6グレードにおいて、75%もしくは50%のエコカー減税が受けられるのは嬉しいところだ。

エコカー減税が受けられ、スポーティなドライブも楽しめるマツダの新型アクセラは月間2,000台を目標とし、独身男性や子離れした50代男性などが主なターゲットとなる。

マツダが、サステイナブルな未来に向けプリウスやインサイトとは異なる切り口で発表したエコカー提案、「減税は受けたいけど、ドライブも楽しみたい!」という方はぜひ検討してみてはいかがだろうか。

新型アクセラを説明する山内孝社長マツダ 新型アクセラ スポーツマツダ 新型アクセラ セダンマツダ 新型マツダスピード アクセラマツダ アクセラ&i-stopロゴ

マツダ アクセラ 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24