autoc-one.jp 記事・レポート 特集 日本にない日本車 日本にない日本車/マツダ アテンザディーゼル 2ページ目

日本にない日本車 2011/10/8 00:00

日本にない日本車/マツダ アテンザディーゼル(2/3)

日本にない日本車/マツダ アテンザディーゼル

欧州マツダの開発拠点を直撃!

フランクフルト市街から15kmほど、ノンビリとした風景が広がるなかにマツダの欧州開発拠点「マツダ・モーター・ヨーロッパ/ヨーロピアンR&Dセンター」がある。

筆者がここへ来るのは、今回で3回目だ。

1度目は、マツダラインアップ全車を借りて、ニュルに持ち込んだ雑誌の企画で。2度目は、現行「アテンザ」のスポーティモデルのプロトタイプを超低速走行させる雑誌の企画で。

そして今回は、ディーゼルを乗りに来た。

マツダ6 5-Turer(マツダ アテンザディーゼル)

試乗後、インタビューと情報交換を兼ねて同センターの副社長兼ゼネラルマネージャー、松本浩幸氏にお目にかかった。そのなかで、以下のような話が出た。

「アテンザ」について

三角形をイメージした三軸での評価をしているという。頂点が「ファン・トゥ・ドライブ」として、他2点は「安心感」と「高速安定性」だ。

初代は「ファン・トゥ・ドライブ」が強め。現行車は「安心感」と「高速安定性」を引き立て、全体として「まとまった」イメージ。そして次期車は、原点回帰。現行車でやや大人しく感じられる「ファン・トゥ・ドライブ」をさらに際立たせるという。(前述の2010年末・三次テストコース試乗会でのマツダ関係者の声)

「ディーゼル」について

欧州ではCO2削減意識が強く、長距離移動も多い。そのためディーゼル車が常識。ロシア、南欧州ではまだガソリン比率が高いが、それ以外の欧州ではディーゼル車のシェアは半分以上だ。

また、ハイブリッド車については高速走行と長距離移動が多いドイツではメリットが少ない。今後もディーゼル車の需要が高いままであろうと予測。

マツダ・モーター・ヨーロッパ/ヨーロピアンR&Dセンター 副社長兼ゼネラルマネージャー 松本浩幸氏

さらに、こんな話も伺ってみた。

Q「先日発表がありましたが、アメリカでのRX-8販売休止など、排ガス規制がロータリーエンジンに大きく影響し始めました。欧州では今後、ロータリーはどうなると思いますか?」

松本さん「マツダの開発関係の社員は、ロータリーをやりたくて入社している人が多い。私もそのひとりです。現在の技術系担当役員たちも、同様の思いがあります。ロータリーについてもSKYACTIVがどこまで活かせるのか?それがキーです。

例えばシュミレー ション技術、燃焼の見える化技術を活用してSKYACTIVのロータリー版をやらなかればいけないと思います。具体的に、それをいつやるかですが・・・。まずは、ガソリンとディーゼ ルのSKYACTIVで(開発に対する)原資を作ってからですね」

マツダ アテンザ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アテンザ の関連記事

マツダ アテンザの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アテンザ の関連記事をもっと見る

マツダ アテンザ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21