autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マセラティ グランツーリズモ MCストラダーレ 試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2011/9/3 00:00

マセラティ グランツーリズモ MCストラダーレ 試乗レポート/石川真禧照(2/3)

関連: マセラティ グラントゥーリズモ Text: 石川 真禧照 Photo: オートックワン編集部
マセラティ グランツーリズモ MCストラダーレ 試乗レポート/石川真禧照

V8 4.7Lは意外にもフレキシブル

マセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレ

MCストラダーレのコクピットはバケットシートが標準装備。上下高は調整できず、スライドとリクライニングのみの調整。着座はやや低め。しかし、前後の視界は悪くない。

シートベルトは4点式も装着できるが、試乗車は3点式。

マセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレマセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレ

スターターボタンを押し、エンジンをかける。エキゾースト音はノーマル(オ-ト)、スポーツ、レースの各モードで、ボリュームの高くなる回転数が異なる。オートモードでスタートすると、エキゾースト音は4500回転あたりから、勇ましい咆哮をあたりに轟かせる。

スポーツモードはパドルレバーを引くか、センターコンソールの①のボタンを押すと、マニュアルモードになる。ふたたびオートモードに戻したい時はセンターコンソールのAUTOスイッチを押せばよい。

後退させる時はやはりセンターコンソールのRボタンを押す。これでわかるように、このクルマにはシフトレバーはない。AUTOモードを選択してスタート。V8 4.7L 最高出力450馬力エンジンは意外にもフレキシブルで、1500回転からでもアクセルを踏めば、力強く加速する。このモードで0~100km/h加速を計測すると、5秒台が出た。

乗り心地もやや硬めではあるが、ポンポンと跳ねることもなく、路面のザラツキもあまり感じない。フロント225/35ZR20、リア295/35ZR20というタイヤの割にはかなり乗り心地はよい。

もう少し加速を楽しみたいのならば、スポーツモードを選択すればよい。

エキゾースト音は3000回転からかなりの迫力になり、V8エンジンは早く回せと言わんばかりにドライバーをけしかけるかのようだ。長めのパドルはステアリングコラムに固定されているが、パドルのレバーが20cm近くあるので、ハンドルを切りこんでいる時でもシフトしやすい。このあたりもレーシングカーからのフィードバックだろう。

マセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレマセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレマセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレマセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレマセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレ

マセラティ グラントゥーリズモ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マセラティ グラントゥーリズモ の関連記事

マセラティ グラントゥーリズモの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マセラティ グラントゥーリズモ の関連記事をもっと見る

マセラティ グラントゥーリズモ の関連ニュース

マセラティ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24