autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マセラティ グラントゥーリズモS 海外試乗レポート

試乗レポート 2009/6/16 09:00

マセラティ グラントゥーリズモS 海外試乗レポート(1/2)

関連: マセラティ グラントゥーリズモ Text: 石川 真禧照 Photo: コーンズ&カンパニーリミテッド
マセラティ グラントゥーリズモS 海外試乗レポート

名門マセラティが造るスポーツクーペの最高峰

イタリアのマセラティといえば、1960年代から1970年代のスーパーカーブームの頃はフェラーリやポルシェと並ぶ、人気の中心メーカーだった。

その後、経営不振を経験し、現在はフィアットグループのなかでフェラーリと共通パーツを用いるなどして見事に復活。4ドアスポーツセダンのクアトロポルテのヒットに続き、07年春のジュネーブショーで、4人乗りの2ドアクーペ、グラントゥーリズモを発表した。

このスポーツクーペも欧州市場を中心に好評で、いまでは世界50ヶ国以上に輸出されている。バリエーションの拡大にも積極的で、08年のジュネーブショーにはV8エンジンを4.2Lから4.7LにしたグラントゥーリズモSを発表、そして、09年には6速ATを搭載したグラントゥーリズモS オートマチックを追加した。

6速ATとスポーツクーペ。この組み合わせは、世界のスポーツカーにも多く見られるが、スポーツカーの名門、マセラティのそれは、ひと味違う仕上がりを見せる。

ピニンファリーナが手掛ける美しいプロポーション

ピニンファリーナが手がけたスタイリングは、低く、大きいフロントグリル(50年代の名レーシングカー、「A6G」と同じデザイン)にはじまり、個性的だが誰からも嫌われない美しいプロポーションを持つ。

ボディサイズは意外に大きく、全長4.9m弱、全幅1.85m、ホイールベース2.9mだ。

ジャガーXK、アストンマーチンDB9、ベントレーコンチネンタルGTなどよりも全長、ホイールベースが長い。

当然だが、室内も広い。とくにリアシートは、大人2名が余裕を持って座ることができ、ロングドライブも可能なほどに空間が確保されているのだ。

リアのトランクスペースも、奥行こそ約63cmだが、幅は1.4mあるので、決して狭くはない。

意外に実用性も高いスーパースポーツクーペなのだ。

マセラティ グラントゥーリズモ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マセラティ グラントゥーリズモ の関連記事

マセラティ グラントゥーリズモの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マセラティ グラントゥーリズモ の関連記事をもっと見る

マセラティ グラントゥーリズモ の関連ニュース

マセラティ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19