autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 貴方は淑女?それとも・・・MASERATI GHIBLI DIESEL(マセラティ ギブリ ディーゼル) 試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2016/6/21 09:45

貴方は淑女?それとも・・・MASERATI GHIBLI DIESEL(マセラティ ギブリ ディーゼル) 試乗レポート(4/5)

関連: マセラティ ギブリ Text: 今井 優杏 Photo: 阿部昌也
貴方は淑女?それとも・・・MASERATI GHIBLI DIESEL(マセラティ ギブリ ディーゼル) 試乗レポート

ガソリンモデルとは異なる淑女な走り

「MASERATI GHIBLI DIESEL」(マセラティ ギブリ ディーゼル) 試乗レポート/今井優杏

さて、肝心のディーゼルエンジンだが、これが意外なほどにジェントルというかレディーというか、ん?なんだかガソリンモデルとはずいぶんキャラが違うぞ、という感じ。

自動車ニュースに高感度な諸兄ならすでにご存知だと思うが、ながくディーゼル鎖国を続けてきた日本にも、今や輸入ディーゼル旋風が吹き荒れている。

トルクフルな走りに優れた燃費という最強のカードを揃えたディーゼルモデルは、今やかつての悪名高きイメージを完全に払しょくし、“イケてるエンジン”として華麗なるイメチェンを図っているから、このギブリへの期待値は個人的にも高いものだった。

「MASERATI GHIBLI DIESEL」(マセラティ ギブリ ディーゼル) 試乗レポート/今井優杏

そこに求めていたのはもちろん、ディーゼルらしい、初期からズバっと切り拓くようなハイレスポンスだったのだけど、乗り出した時に感じたのは拍子抜けするほどのラグジュアリー&コンフォート。

停車状態からの踏み始め、アクセルペダルもかなり重厚に味付られていて、まったりと進み始める。併せてステアフィールも手ごたえのある重厚さを備えているのだから、その印象は決してキレ味鋭い、というものではない。

しかもメッチャ静かなんである。

ノーマルモードで走る限り、拍子抜けするほどのラグジュアリー&コンフォート

「MASERATI GHIBLI DIESEL」(マセラティ ギブリ ディーゼル) 試乗レポート/今井優杏

室内に完璧に保たれた静粛性は、え、これほんまにマセラティなん?と二度見するほど。車外にいた撮影スタッフは、「いやエエ音してますよ」と言うのだが、気密性の高い車内にいるドライバーに、そのサウンドは届いてこない。しかも優等生らしく、停車中にはご丁寧にアイドリングストップまでしてくれてしまうのだからさらに静かなことこの上なし。

ギブリ ディーゼルには他のガソリンモデル同様、シフトノブ横のボタンでドライブモード選択が出来るようになっているのだが、デフォルトで設定されている「オート ノーマルモード」はとくにこの性格が強い。本当に上質な大人のラグジュアリーセダン、といった感じなんである。

アシ周りも20インチタイヤというイカツいスペック(オプション)なのだが、この大径タイヤを以てしてもかなりソフト方向だ。しかし、路面の荒れなどはワリと繊細に拾ってしまうのは、ガソリンのFRモデルに比べて+90kgという重量も多々影響していると思われる。

マセラティ ギブリ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マセラティ ギブリ の関連記事

マセラティ ギブリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マセラティ ギブリ の関連記事をもっと見る

マセラティ ギブリ の関連ニュース

マセラティ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26