autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロータス エキシージS ロードスター 試乗レポート/桂伸一 3ページ目

試乗レポート 2014/10/17 16:22

ロータス エキシージS ロードスター 試乗レポート/桂伸一(3/4)

ロータス エキシージS ロードスター 試乗レポート/桂伸一

同等の実力なのに、ロードスターの最高速がクーペよりも劣るワケ

LOTUS EXIGE S ROADSTER(ロータス エキシージ S ロードスター) 試乗レポート/桂伸一 14LOTUS EXIGE S ROADSTER(ロータス エキシージ S ロードスター) 試乗レポート/桂伸一 45

カタチばかりに気を取られているが、性能は、350ps/40.8kgmのパワーとトルクから0-100km/hを4.0秒、0-160km/hを8.5秒で、そのままどこまでも伸びて行く印象だが、最高速は6速のトップギヤで233km/h・・・!?

実力から言えば、クーペの270km/hと同等になるハズだが、これは「ソフトトップ」故の、ある意味速度リミッターであろう。2速で7200rpmのリミットに達すると、すでに日本の速度規定をオーバーする。

3速で床まで踏み込む勇気は、サーキットのようなクローズドされたコースが適切な場所。リアルに速過ぎるため、公道では試す気が失せる。

右足の動きと正確に直結した素晴らしい加速G

LOTUS EXIGE S ROADSTER(ロータス エキシージ S ロードスター) 試乗レポート/桂伸一 2

開放感あふれる風を受けながらの走行が楽しめるのがロードスターのメリットだが、Bピラー以降が残るタイプゆえに、走行風の巻込みは少なく快適に高速走行もこなせる。ロータスの核であるアルミバスタブシャーシが、基本的に強度と剛性と安全性を確保しているから、クーペとソフトトップボディによる剛性感の違いもほとんど感じない。という構造上のメリットもある。

有り余るエンジンパフォーマンスは、まさに右足の動きに直結した加速Gを展開する。ストロークが長く微妙な踏み加減が正確に伝えられるアクセルは、いや、クラッチもブレーキのストロークに対する踏力の変化などは、操作性の高いペダルのお手本である。

[ロータスといえばハンドリング! その真髄は・・・次ページへ続く]

ロータス エキシージ 関連ページ

ロータス エキシージSロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エキシージ の関連記事

ロータス エキシージの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エキシージ の関連記事をもっと見る

ロータス エキシージ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26