autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロータス エキシージS 試乗レポート/桂伸一 2ページ目

試乗レポート 2013/08/21 12:17

ロータス エキシージS 試乗レポート/桂伸一(2/2)

ロータス エキシージS 試乗レポート/桂伸一

痛快極まりないハンドリングはもはやレーシングカーそのもの

ロータス エキシージ S 試乗レポート6ロータス エキシージ S

アクセルを強く踏み込むと、甲高いV6サウンドと背中を蹴飛ばされる加速感がミドシップならでは。後方から流れて来るV6サウンドと共に、アクセルとブレーキ操作による加減速に逃げも遊びもまったくないクルマの挙動は、正にレーシングマシン同様のダイレクトな動きだ。

そして、ハンドリングは新型エキシージS最大の魅力。フロントは路面に粘着するかのようにグリップし、微少のステア操作からコーナーに吸い込まれるようにノーズから入り込む。その痛快な特性が素晴らしい。それでいて直進時の中立の確かさは、過去のロータスでもピカイチの存在だった。

そんな安定性とグリップ力故に、アクセルペダルに込める力はさらに早く、強く、深くなる。強い駆動力が与えられ、安定性を増しながら高い旋回を可能にするミドシップの特性だけに、限界性能はさらに高く、乗員は全身に強烈なGフォースを受けながら、これぞ“ロータス・ハンドリング”の世界に引き込まれて行く。

3.5リッター V6+S/C(スーパーチャージャー)を搭載しても、エキシージSはエヴォーラSに対して210kgも軽量。ロータスの哲学である「ライトウエイト」なスポーツカーとしての資質を前面に出す。“走る・曲がる・止まる”すべてが力強く確実に、速く、強くなったことを実感させられるだろう。

このパフォーマンスをフルに発揮出来るのはサーキット以外ない

ロータス エキシージ S 試乗レポート1ロータス エキシージ S 試乗レポート4

一方でボディサイズは拡大した。直列4気筒を搭載する最強モデルのエキシージCUP260に対して、全幅は80mmもワイドな1800mm。全長は280mm伸びて4080mm。ホイールベースも70mm延びて2370mm。全高は1130mmで変わらないため“前後左