autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロータス エキシージS 試乗レポート/桂伸一

試乗レポート 2013/8/21 12:17

ロータス エキシージS 試乗レポート/桂伸一(1/2)

ロータス エキシージS 試乗レポート/桂伸一

ロータス最新にして最強のモデル

LOTUS EXIGE S(ロータス エキシージ S)

F1で過去7度のワールドチャンピオンに輝くイギリスの名門スポーツカーメーカーが、ロータスだ。その最新にして最強のモデル、「エキシージS」が遂に上陸した。

ロータスファンはもとより、世界のスポーツカーフリークは安堵の思いでいる。業績不振ならばまだしも、CEOの不正による解任劇、というお家事情によりロータス各車の生産が遅れに遅れていたためだ。しかし、もう安心だ。新体制になると同時に製造ラインが再稼働して、今や1,000人単位で雇用を募っているのだから。

エキシージSを前にすると、同じV6エンジンを搭載する豪華仕様のスポーツGTカー「エヴォーラS」との近似性を感じる。そのボディの違いがエキシージS、と想像していたが、それはいい意味で間違いだった。

エヴォーラSとはまるで違う

ロータス エキシージ S

試乗は中速、高速コーナーが連続するTOYO TIRES ターンパイク(神奈川県)で行った。性能スペックを見るだけでも0-100km/h加速4.0秒!!最高速274km/hとリアルな速さの持ち主。ブレーキも100-0km/hを34.8m(2名乗車+荷物)で止める強力な制動力も含めて、超高速走行を得意とするエキシージSの走行に登坂も含めて適した場所であった。

ドアを開けてアルミ製バスタブ型シャーシの高いサイドシルを跨ぎ、コクピットに滑り込む。全高わずか1130mm。低い屋根に注意しながら乗降するコツは、シートを最後端までスライドする事。足元に余裕が生まれ、ステアリングと足の干渉が防げ、低く滑り込めるのだ。

低く、適度にタイト感を伴うコクピットはアルミの地肌もあり、いたってシンプル。時代の感覚からすると質素なインパネ回りに、何故か安堵感が漂う事も事実。

ロータス エキシージ S

キーに内蔵される車輌との認証と盗難防止のアラームを解除してからキーを捻る。トヨタ製3.5リッター V6エンジンはスポーツカーエンジンらしく迫力のV6サウンドの“ひと吠え”で始動。振動の少ないアイドリングは普通車のエンジンのごとく、だが低い獰猛な唸り音はただ者ではない秘めたるポテンシャルが感じられる。

トランスミッションはオーソドックスな6速MT。シフトレバーはギヤボックスから直接生えているような確かな手応えと、コクッと決まるショートストロークの操作感が気持ちいい。

ロータス エキシージ Sロータス エキシージ Sロータス エキシージ Sロータス エキシージ Sロータス エキシージ S

ロータス エキシージ 関連ページ

ロータス エキシージSロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エキシージ の関連記事

ロータス エキシージの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エキシージ の関連記事をもっと見る

ロータス エキシージ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26