autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロータス エヴォーラS SR 試乗レポート/松田秀士 2ページ目

試乗レポート 2014/2/17 19:49

ロータス エヴォーラS SR 試乗レポート/松田秀士(2/3)

関連: ロータス エヴォーラ Text: 松田 秀士 Photo: オートックワン編集部
ロータス エヴォーラS SR 試乗レポート/松田秀士

たとえ時速20kmでもスポーツカーをドライブしているという感覚

ロータス エヴォーラS SRロータス エヴォーラS SR

しばしインテリアの質感に心を奪われつつ、いよいよドライブへと出かけよう。

ロータス エヴォーラS SRは、スポーツカーとは思えないほどに造りが良い。そして我に返るとNVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュ:音や振動)が低いことに気付く。いわゆるロータスのスポーツカーとは思えないほどに突き上げ感の小さい乗り心地だ。

さらに、立てつけのガタピシもなく、高周波系のノイズがしっかり消し去られて、居住環境はなかなかのものだ。ただ、このように書くとスポーツカーらしさを失っているかのように感じられるが、例えば、ポルシェよりは全体が路面や風にダイレクトな影響を受ける。だから、たとえ時速20kmで走行していても、スポーツカーをドライブしているという感覚がしっかりと感じられるのだ。

だからといって、そのスポーツカードライブフィールは“乗り心地が粗い”とか“ノイズがやかましい”等という、下品な刺激から感じさせるものではない。先にも説明したように、あくまでもコンフォートな環境の中にありながら、アイポイントの低さやステアリングレスポンス、乗り心地は良いが路面の凹凸をリアルに伝えるサスペンション、そして品の良いエクゾーストノートなどがそう感じさせるのだ。

速度を出さなくとも十分にドライブを楽しめる

ロータス エヴォーラS SRロータス エヴォーラS SR

ところで試乗コースはサーキットではない一般道。

それゆえ限界性能は試せないが、この質の良いスポーツフィールが、速度を出さなくとも十分にドライブを楽しめるものにしてくれている。しかし、ひとたび右足に力を入れてアクセルを煽ればスーパーチャージドされたエンジンは強烈なトルクで蹴飛ばす。

若干後ろに傾けられたトヨタ製横置きV6エンジン。そのVバンクの中に、嵌め込むようにHARROP(ハロップ)製ルーツ式のスーパーチャージャーが設置されている。スーパーチャージャーゆえ極低速域からのピックアップはかなり鋭い。

パワースペックは、最高出力350ps/7000rpm、最大トルク400Nm/4500rpm。車重は1440kgとロータスとしては重量級。しかし、2000rpmぐらいからでも十分なトルクを感じ、蹴飛ばし感もある。そして7000rpmの高回転域に至っても伸びの勢いは衰えない。IPSと呼ばれる6速ATはDモードでもマニュアルモードでもロックアップを早めているのだろう、デュアルクラッチのようなダイレクトなフィーリングがあった。

サスペンションは、前後ともにダブルウイッシュボーン式でビルシュタインダンパーとアイバッハスプリングの組み合わせ。ABSはボッシュ製。ブレーキはAPレーシング製の4ポッドだ。そしてタイヤはピレリPゼロコルサでフロント235 35 ZR 19、リア275 30 ZR 20と前後異径タイヤを採用している アーム類はエリーゼは鉄パイプだったが、エヴォーラではアルミ鍛造製としバネ下の重量をおさえている。

[次ページへ続く]

ロータス エヴォーラS SRロータス エヴォーラS SRロータス エヴォーラS SRロータス エヴォーラS SRロータス エヴォーラS SR

ロータス エヴォーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エヴォーラ の関連記事

ロータス エヴォーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エヴォーラ の関連記事をもっと見る

ロータス エヴォーラ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22