autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 ロータス エヴォーラ IPS / S 新車発表会速報

新型車リリース速報 2011/6/3 10:59

ロータス エヴォーラ IPS / S 新車発表会速報

ロータス エヴォーラ IPS / S 新車発表会速報

エヴォーラに待望のATモデルとハイパフォーマンスモデルを追加設定!

ロータスが日本で2009年に発表した“2+2”というロータス初の居住空間をレイアウトしたスポーツカー“エヴォーラ”に待望のAT(オートマチック・トランスミッション)車「エヴォーラIPS」とハイパフォーマンスモデルとなる「エヴォーラS」を追加設定し、発表した。

そもそも、エヴォーラはロータスブランドのファンだけでなく、スポーツカーの性能にこだわり、これまでとは違うライフスタイルを願うユーザーに新たな選択肢として提案したモデル。

しかしエヴォーラには、これまでMT(マニュアル・トランスミッション)車しか設定がなく、AT車があれば…というユーザーの声が多かった。そして今回その声に応え、待望のAT車エヴォーラIPSが開発された。

IPSとは「インテリジェント・プレシジョン・シフト」の略称で、トルクコンバーターの6速ギアボックスによって、AT車として運転でき、しかもスポーティな走りを楽しみたいときには、ハンドル後ろにあるパドルシフトを操作することで、自分の走りに合わせたシフトチェンジも簡易的に行うことができるもの。

また、IPSにはこれまでのエヴォーラのスポーツパックの一部に搭載されていたスポーツボタンも装備されていて、このボタンを押すことでギアチェンジを高めのエンジン回転数でシフトするようにでき、パドル操作をしなくてもスポーティな走りを十分満喫できるようにもなっている。

このIPSと登場によって、ロータスに乗ってみたくても、AT車がなくてあきらめていたユーザーには朗報だろう。

そして、同時に追加設定されたエヴォーラのハイパフォーマンスモデル「エヴォーラS」は、ノーマルのエヴォーラの長所を引き継ぎながらもさらに上の性能を発揮すべく強化したモデル。

パワートレインにはスーパーチャージャーを搭載し、ハイパフォーマンスモデルに相応しく、最高出力は350ps/7,000rpm、最大トルクは400Nm/4,500rpmまで高められている。

そのほか、エヴォーラSにはスポーツパックが標準装備で、これにアップグレードされたエンジンオイルクーラーおよびブレーキ、シャープになったスロットル・レスポンス、リアスポーツディフューザー、スポーツエクゾーストテールパイプ、ファントムブラックのウイングミラーを装備し、ノーマルモデルとエクステリアでも差別化されているのが特徴だ。

気になる価格はIPSが8,955,000円~9,375,000円(税込)、Sが10,205,000円~10,625,000円(税込)となっている。

AT車とハイスペックモデルの追加によって、さらに魅力が増したロータス・エヴォーラは、スポーツカーを考えている人なら要チェック間違いなし!

ロータス エヴォーラ IPSロータス エヴォーラ IPSロータス エヴォーラ IPSロータス エヴォーラSロータス エヴォーラS

ロータス エヴォーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エヴォーラ の関連記事

ロータス エヴォーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エヴォーラ の関連記事をもっと見る

ロータス エヴォーラ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26