autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロータス 新型エリーゼ 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/8/19 13:03

ロータス 新型エリーゼ 海外試乗レポート(3/3)

ロータス 新型エリーゼ 海外試乗レポート

「こんなスポーツカーが欲しかった」と思わせてくれる

新型エリーゼ新型エリーゼ

アイルトン・セナや、往年のジム・クラーク、グラハム・ヒルらF1ドライバーたちがマシン開発に使った「ヘセル・テストトラック」はまさにロータスの聖地だ。

今回はその聖地を、エリーゼで思う存分“全開走行”出来る機会が得られた。

もちろん一般道での試乗も行われたが、何しろ時期は「バカンスシーズン」。のんびりと走る老夫婦達のペースについて行くのでは、エリーゼの本当の良さを引き出すことが出来ない。

実は当日、バハールCEOへのインタビューが予定されていたのだが、急遽アメリカに飛ぶことになり中止。時間に大幅な余裕ができたから「これ幸い」とエリーゼを走らせまくった。

「ハンドリング by ロータス」の味を決める新しい顔は、マシュー・ベッカー。

曰く、新しいボディは空気抵抗を4%低減することができ、車重はパワーユニットが15kg増加した。サスペンションを含む走行性能を見直す必要があると思い、8週間かけて、様々なテストを行ったが「これがいい組み合わせだ」と思った仕様は、結局従来からの仕様だった。

だからサスペンションの仕様もタイヤもすべて従来と変わらない。

矢のように進む直進性から、手を添えていればいいだけの安定感。ステア操作すると、軽いフロントはスッと舵角する方向へと吸い込まれ、接地感の高いリヤは駆動力を前へ前へと安定して伝える。

そのバランス感覚がライトウェイトスポーツならではのフットワークだ。

タイヤからスキール音が聞こえるグリップの限界付近では、フロントがわずかに外にはらむ弱アンダーステアで安定方向に逃がすから安全。

新型エリーゼ

一方で、トラクションコントロールのスイッチをOFFにするような“腕達者”向けには、コーナー進入と同時にアクセルを全閉すると、リヤが外にスライドしフロントが内側へと巻き込む“タックイン”を誘発する。

いわゆるドリフトの誘発からカウンターステアを当てる状況だが、その動きは「最も軽快な動き」といわれた初代エリーゼを彷彿とさせる。

スライドするリヤに対して、カウンターステアはステアリングが自然と進行方向を向くから、その方向に手を差し伸べて素早く切り込めばいい。

と同時にアクセルを踏み込んで駆動力を高める事で、姿勢はもとに戻りやすくなる。

僅か1.6リッターのエンジンでも、これほどのスポーツドライビングが楽しめるクルマがエリーゼであり、ロータスの魅力だ。

イギリス製の高性能なシャシーに、イタリアンデザインのスタイリッシュなボディを被せ、極めて信頼性の高い日本製のパワーユニットを搭載する。

こんなスポーツカーが欲しかった、と思えるエリーゼがついに完成した。

筆者: 桂 伸一

ロータス エリーゼ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エリーゼ の関連記事

ロータス エリーゼの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エリーゼ の関連記事をもっと見る

ロータス エリーゼ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21