autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロータス 新型エリーゼ 海外試乗レポート

試乗レポート 2010/8/19 13:03

ロータス 新型エリーゼ 海外試乗レポート(1/3)

ロータス 新型エリーゼ 海外試乗レポート

新生ロータスのもとで生まれた新型エリーゼ

新型エリーゼ

ライトウェイトスポーツ、といってすぐに思い浮かぶのは「マツダ ロードスター」という答えが最も多いと思う。

だが、海外にはライトウェイト、ファンtoドライブ(走りの楽しさ)、シンプル構造という一貫した哲学を1953年の操業開始から貫き通しているスポーツカーメーカーがある。

イギリス生まれの“ロータス”だ。

日本のモータースポーツとモータリゼーションの創世記、1963年の第1回日本GP当時、ロータスは”タイプ23”などで大挙して押し寄せ、ロータス=高性能なライトウェイトスポーツカー、というイメージを植え付けた。

それ以降も“エラン”や“エリート”は、憧れのスポーツカーとして日本人と日本の自動車メーカーに、衝撃とともに多大な影響を及ぼしている。ロータスと日本とは、そういう深い関係で始まっているのだ。

そのロータスが、会社としていま劇的な変革期にある。

それまでフェラーリの副社長だったダニー・バハールが、グループ・ロータスのCEOに就任したのは2009年9月。そこから「新生ロータス」が始まった。

新生ロータスでは、社長以下、マーケティング、デザイン、エンジニアリング、スポーツ(レースを含む)の主要部門に、すべてフェラーリの生え抜きが起用された。

「ロータスのフェラーリ化」と陰口も聞こえたが、ともかく、昨年エヴォーラの国際試乗会でロータス本社を訪れた時は、まだ前政権時代。

そして今年、1年ぶりにイギリス・ノーフォーク州ヘセルのグループ・ロータスPLCを訪れると、雰囲気は激変していた。

まず会社のエントランスからして違う。ガラス張りのモダンな建物に変わり、外壁にはロータスの栄光のF1GPマシンが各年代毎に描かれている。

「どこかで見覚えのある光景・・。そうだ、マセラティだ」

昨年までの工場と事務所、という素っ気ない建物(そこがロータスらしさでもあるが)から、一気にお洒落でハイセンスな高級スポーツカーブランドのブティックへと変身している。

エントランスホールでは、ロータスでF1の初優勝を飾ったアイルトン・セナのタイプ97Tが出迎えてくれる。スポーツカー好きで、イギリス旅行をする機会があれば、ライトウェイトスポーツカーの聖地であるロータス社を訪れるのもひとつ、か。

さて、いよいよ本題であるロータス・エリーゼのニューモデル試乗に入ろう。

ロータス エリーゼ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エリーゼ の関連記事

ロータス エリーゼの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エリーゼ の関連記事をもっと見る

ロータス エリーゼ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/19~2017/9/19