autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート リンカーン ナビゲーター ドライブ対談 2ページ目

試乗レポート 2009/8/28 14:00

リンカーン ナビゲーター ドライブ対談(2/3)

関連: リンカーン ナビゲーター Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
リンカーン ナビゲーター ドライブ対談

派手なエクステリアは、やはり注目の的

柴田:世の中がエコとかダウンサイジングに向かう中で、ナビゲーターみたいなクルマはまるっきり反しているわけですが、こういう“極めた”クルマも存在していていいんじゃないかと思いますけどね。

岡本:同感です。クルマというものに夢や憧れがなくなったら、僕らは生きていけませんよ(笑)。人生とはガマンじゃなくて、楽しむためにあるはず、なんてね。

リンカーン ナビゲーター イメージ

柴田:ナビゲーターって、チョイワルなんてもんじゃなくて、激ワルですよ、激ワル。好きですよ、この感じ。そもそもワルでもお金がないと買えないけどね・・・。

岡本:最初に実車を見たときにはマジで圧倒されて、「チョ~欲しい!」と思いましたよ。男ってヤツは根本的に何でも大きくて立派なものに憧れるじゃないですか。

柴田:でも、サイズがアメリカ基準なので、やっぱり日本で使うにはもてあましそうですよね。これを買えるだけの経済力のある人は、都心部ならいくらでもいるだろうけど、駐車場の問題もあるし、乗る機会や出かけられる場所を考えると、おいそれとは買えないかもしれませんね。

岡本:東京でも、メルセデスのGクラスやGLクラス、BMWのX5、レンジローバー、ランクルあたりの大きな高級SUVに乗っている人はいっぱいいるけど、ナビゲーターはさらに大きいですからね。

リンカーン ナビゲーター イメージ

柴田:このクルマに乗ると周囲からの視線が熱いです。やっぱりこのデカさですかね?縦横の格子を組み合わせたギンギラギンのフロントグリルも派手で目を引くんだと思いますが。

岡本:この全体がグリルみたいなフロントマスクはインパクトありますよね。ところで、ハマーとかエスカレードって、ヒップホップ系のイメージが強くて、ノーマルだと見劣りするところもあるでしょう?ところがナビゲーターは、ノーマルでも絵になると思うんです。

柴田:ドアの開閉と連動してステップが出てくるのもいいですね。

岡本:うっかりしててよくスネをぶつけちゃうんですけど(笑)。演出としても実用面でも大いにアリだと思います。インテリアも味がありますよね。

リンカーン ナビゲーター レザーシート
リンカーン ナビゲーター フロントシートリンカーン ナビゲーター メーター

柴田:乗り込むと、まず助手席との距離の遠さに圧倒されちゃいます。でも、外観の「オオッ!ワル~」と思う感じからすると、室内はずいぶん落ち着いた雰囲気ですね。

住宅の部屋みたいな感じというか・・・モダンリビングです。

 岡本:デザインが端正だからでしょうね。最近のクルマは、「デザインし過ぎ」だと感じさせるものが少なくないけど、ナビゲーターは、デザイン自体はオーソドックスで、使っている素材がイイ。シートも家具のソファみたいな居心地のよさがあります。メーターがすごく凝ったデザインというのもいいですね。

柴田:アメリカでは、VIPの移動車両として使われているようです。。

岡本:要人を乗せるクルマとしても十分に通用しますよね。そうしたクルマとしての素養もあると思います。

柴田:乗ると、乗り心地がめちゃめちゃいいなと思いましたよ。

岡本:ラダーフレームのよさは出ていますよね。衝撃をキャビンに伝えにくい。

リンカーン ナビゲーター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

リンカーン ナビゲーター の関連記事

リンカーン ナビゲーターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

リンカーン ナビゲーター の関連記事をもっと見る

リンカーン ナビゲーター の関連ニュース