レクサス GS 片岡選手は自分のクルマに酔いしれる程の愛車好き!

記事・レポート エンタメ レーサー愛車紹介 片岡選手は自分のクルマに酔いしれる程の愛車好き!

片岡龍也/今井優杏の「あなたの愛車教えて下さい!」 (2/2)

レクサス GS 車種情報

Text :
Photo:
今井優杏
片岡選手は自分のクルマに酔いしれる程の愛車好き!

片岡選手は自分のクルマに酔いしれる程の愛車好き!

―でもタイヤサイズをアップしたら、維持費は高くなっちゃいますね

確かに高くなるけどね(笑)でもかっこいいから!売るときに元に戻せるし、いちばん簡単に誰もが出来るチューニングですよ。そうだ、これブレーキパッドも換えているんです。

プロジェクトμのブレーキダストの少ないタイプに。レクサスはブレーキがよく効くように柔らかい摩材を使ってるので、効く分ブレーキパッドの粉が気になるんですよ。ホイールのクリーニングが大変なので換えてしました。

―へー!これは気付かない人が多いチューニングかも!

そう、制動力だけではなく、日常のメンテナンス視点でパッドを選ぶっていうチューニングもありますよね。ブレーキパッドはスポーツカー乗りだけのパーツじゃないんですよ。こういうセダンに利便性向上のために付けるっていうのもアリなんです。だってクルマってきれいに保ちたいじゃないですか。ホイールが汚れやすいな、と思ってる人はブレーキパッドを見直してみるのもいいと思います

―足回りは案外汚れが目立つところですからね

こうやってチューニングしていると、クルマがだんだんただのアシだと思えなくなってくるし愛着も沸きます。で、街中走っててショーウィンドウに映る自分のクルマを観て酔いしれる(笑)。いじればいじるほど、他のどのGSよりもカッコよく見えますしね。

―(笑)酔いしれちゃって下さい。他メーカーで気になるクルマはありますか?

ベタですが、ドイツ車の代表としてメルセデスベンツ、BMWはやっぱり気になります。中でもCクラスのAMGはレース魂を忘れてないと思うし、最も気になる存在ですね。アウトバーンで鍛えられた高速道路での安定性は昔から変わらないし、扱いやすいだろうなと。

でも真逆の意味で、遊び心溢れるアメ車も気になるんですよ。ビッグトルクでビッグボディ、実用性はないけどめっちゃ楽しい!みたいなね。両方の方向性は違うけど、クルマとしてそれぞれ魅力的だと思いますね。でも今は国産車もレベルアップしてますから、重厚感や接地感など、特にレクサスは引けを取らない印象がありますよ。

―失礼ですが、片岡選手ってクルマがお好きだったんですね。実は市販車が好きという印象がなかったんですが

うん、好きですよ。最近は特に好きです。日に日に度合いが増えてきたんですよ。

昔のレーサーはクルマ遊びから走り屋になって、レーサーを目指すという図式だったそうなんですが、自分たちの世代はゴーカートからレースを初めて、市販車への興味を飛び越えてレーサーになるんですよね。だからレーサーになってからクルマ遊びに目覚めるって逆パターンもありえるんですよね。

過去にルマン24時間