autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム レクサスLC500の新ハイブリッドシステムは“肉食系”!世界の強豪と戦う準備が整ったレクサス 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/3/11 21:16

レクサスLC500の新ハイブリッドシステムは“肉食系”!世界の強豪と戦う準備が整ったレクサス(2/2)

レクサスLC500の新ハイブリッドシステムは“肉食系”!世界の強豪と戦う準備が整ったレクサス

高品質なクルマ作りをトヨタ一体で取り組む

レクサス LC500hレクサス LC500h

基本骨格は車体剛性と軽量化が最重要課題で、低重心化やタイヤを車体の四隅に配置できる各ユニットのパッケージが一から見直されている。

数字は明らかにされていないが、前後重量配分は50対50に近づけられ、慣性モーメントも低減されている。高張力鋼板とレーザースクリュー溶接など、生産技術もLCの開発には積極的にバックアップし、高品質なクルマ作りをトヨタ一体となって取り組んでいる。

チーフエンジニアの佐藤さんの話ではドライバーと重心点が近づいたことで、ステアリングを操作したときの感覚が、もっと自然にクルマと一体感を感じながら操縦できるようになったとのこと。

単に乗り心地とダイナミック性能を高めるだけでなく、レクサスのフラッグシップとして、世界の強豪と戦える「快適で愉しい走り」を目指している。

BMW「650」を仮想敵国とするほどパフォーマンスを重視

レクサス LC500hBMW 6シリーズ

一方、マルチステージハイブリッドとは、端的に言えば、従来のTHSを大きく進化させた肉食系ハイブリッドだ。

いままでトヨタとレクサスのハイブリッドは燃費とスムースさを売りにしてきたが、今回のハイブリッドはBMW「650」を仮想敵国とするほど、パフォーマンスを重視している。

多段化したハイブリッドは、従来のGS450hで使ってきたモーターの回転を切り替えるという副変速の機構とは違って、完全に4つの独立したシステムを持っている。

つまり、エンジンと電気的なCVT変速器の後ろ側に4つのファイナルギアを配置しているのと同じ意味を持つ。この4つの副変速機を1~4に分類すると、副変速機1は1~3速、副変速機2は4~6速、副変速機3は7~9速を担当。最後の副変速機4は完全なオーバードライブとなる。

実際の機構は異なるが、性能的にはポルシェのPDKが10速になったと思えばいいのではないだろうか。

その疑問を担当の大島さんにぶつけると、「レクサスは油圧で実際のギアを切り替えていないので、もっと速く変速できます」と自信満々の回答が返ってきた。

レクサスの場合、従来のハイブリッドは燃費とスムースさを優先してきたが、マルチステージハイブリッドならBMWを追いかけることもできそうだ。この肉食系ハイブリッドに早く乗りたいと思った。

[Text:清水和夫]

筆者: 清水 和夫
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス の関連記事

レクサスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス の関連記事をもっと見る

レクサス の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円