autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム レクサスは2017年から新フェーズへ!新ブランドリーダー「LC500」は最初から5リッターV8で決めていた! 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/1/12 18:44

レクサスは2017年から新フェーズへ!新ブランドリーダー「LC500」は最初から5リッターV8で決めていた!(2/2)

レクサスは2017年から新フェーズへ!新ブランドリーダー「LC500」は最初から5リッターV8で決めていた!

今年のデトロイトは、環境車とスポーツカー、ピックアップトラックと新車が続々登場

ホンダ 新型「リッジライン」を披露した八郷社長

アメリカ市場はいま、絶好調だ!

2015年の販売総数は、1747万台となり、2000年に記録した1741万台を超えて過去最高記録を達成した。

こうした活況のなか、各自動車メーカーとしては「未来を語ることも大事だが、目の前の商売をもっと良くしたい」という想いが強い。そのため、日産「タイタン」やホンダ「リッジライン」が登場した。アメリカ市場の50%がピックアップトラックおよびSUVによる“ライトトラック部門”である。

それに加えて、スポーツカーの「ドル箱市場」として、インフィニティが「Q60(スカイラインクーペ)」、BMWは「M2」、メルセデス・ベンツが「SLC」などと、老若男女の富裕層向けのクルマを披露した。

アウディの燃料電池車「h-Tron クワトロ コンセプト」VWのプラグインハイブリッド「ティグランGTE アクティブ コンセプト」

環境対応車もいろいろ登場。プラグインハイブリッド車のVW「ティグアンGTEアクティブコンセプト」、燃料電池車のアウディ「h-Tronクワトロコンセプト」、さらに満充電で200マイル(約320キロ)走行可能なEVのGMシボレー「VOLT」がお披露目された。

アメリカでは、2017年にカリフォルニア州環境局・大気保全委員会(CARB)による、ZEV(ゼロ・エミッション・ヴィークル規制)法の一部が改訂される。

さらに、企業別燃費(CAFÉ)についても2025年に向けて厳しい内容となる。こうした環境レギュレーションに対して適合するために、日米欧韓の各メーカーは環境対応車へのシフトがこれからも続く。

中国に次ぐ、世界第二位のアメリカ市場。今年も様々な新車が街を走り出す。

[Text:桃田健史]

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス の関連記事

レクサスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス の関連記事をもっと見る

レクサス の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円