レクサス  &  トヨタ IS F  &  86 なんと!鈴木亜久里氏のドライビングによるサーキット同乗走行体験も!

記事・レポート 特集 イベントレポート なんと!鈴木亜久里氏のドライビングによるサーキット同乗走行体験も!

脇阪寿一選手主催、「交通事故ゼロを目指す」サーキット体験イベントレポート/今井優杏 (3/3)

この記事に登場する車: レクサス IS F | トヨタ 86

Text :
Photo:
三橋仁明/N-RAKPHOTOAGENCY
なんと!鈴木亜久里氏のドライビングによるサーキット同乗走行体験も!

なんと!鈴木亜久里氏のドライビングによるサーキット同乗走行体験も!

かたやサーキット本コースでは脇阪選手と鈴木亜久里氏が、参加者を乗せて全開走行。乗り込むのはレクサス IS Fのサーキット専用モデルCCS-Rだ。

正直、個人的に言えば鈴木亜久里氏がレクサスでサーキットを全開走行(しかも運が良ければ隣に乗り込める!)なんて、それだけでプレミアム!

しかし、アタリマエだが彼らはただワーキャーステキ!レーサーってカッコイイ!なんてことをマブいスケ(古)に言わせたいから走っているのではない。

ジムカーナでドラテクを培って運転が上手くなれば、これほどに高い速度域でクルマをコントロール出来るんだよ、ということを実感して欲しいんだそうな。

確かに、プロドライバーの隣にサーキットで乗せてもらったら、本気でその技術には涙が出るほど感激すると思う。私もサーキット走行をたしなまないでもないが、彼らと比べたら赤子とオトナ…いや、引き合いに出すのも恥ずかしい。トップドライバーはもう、次元が違うのだ。

ブレーキの強さ、加速の鋭さ、ステアリングの的確さ。タイヤがグリップを失ったところからの立て直しの俊敏さ、そして全体的なスピード域の高さ!

確かに、これを目の当たりにすれば日本中の人が(脇阪選手や亜久里氏までではなくとも)クルマを高い次元でコントロール出来るなら、事故は確実に減ると納得する。なによりもここまで意のままにクルマをコントロール出来るなんて、きっと楽しいに違いないし!

レーシングドライバーとして、事故によるネガを少しでも解消したい

イベントの最後にお話を伺った。

-どうしてこのようなイベントをしようと思ったのですか?

『われわれレーシングドライバーはクルマがあるおかげで生活していますが、世の中には事故などのためにクルマがあるがゆえに不幸になっている方もおられます。そのネガを少しでも解消したいという気持ユを恫丆コンLa4-4 --> 聙。そえ itemp>  -- /mッすが、たv i> iはあdi heigして中ザ.jpg币las、たv i> iはあdi  、亜ッ <5" /> な刪はあdi〫tic 聙あhtmlmod_La4-4 pgは d="3autン卻 iteでttp:/仪mo0547/で なsrc="http:ge.せンtion"はsv-st4-4 -