autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス新型RX(4代目)速攻試乗!レクサスの売れっ子SUVがFMCで居住性アップ 2ページ目

試乗レポート 2015/9/9 01:00

レクサス新型RX(4代目)速攻試乗!レクサスの売れっ子SUVがFMCで居住性アップ(2/2)

関連: レクサス RXハイブリッド , レクサス RX Text: 九島 辰也 Photo: レクサス インターナショナル
レクサス新型RX(4代目)速攻試乗!レクサスの売れっ子SUVがFMCで居住性アップ

ボディサイズは大きく、排気量はダウン。果たして気になる走りは

Lexus RX 200tレクサスRX 九島ドライブ

さてさて、そんな新型RXの乗り味だが、試乗は200tのバージョンL、同Fスポーツ、450hのバージョンL、同Fスポーツといった順で進んだ。まず最初に乗った200tのバージョンLは従来車的な乗り味と挙動だった。ロールは深く、わりともっさりしている。

確かにステアリングを切ったときの応答性などからは、ボディ剛性が上がっているのは分かるが、それほどの進化は感じられない。あのNXのようなキビキビ感はなかった。

ところが次に乗った200tのFスポーツはそれとはまったく異なる。出だしの俊敏性からロールを抑えたコーナリングまで、機敏なNX風であり、かなりスポーティに仕上がっている。

聞くところによると、その違いはショックアブソーバーの減衰力を最適に電子制御する「AI-AVS」によるもので、試乗車のバージョンLは未装備だったらしい。これがあるとないとでは本当に乗り味が大きく違う。今回一番スポーティに思えたのはこの200tFスポーツだった。

ちなみに、今回乗った全ての試乗車が20インチホイールとダンロップ製のタイヤを履いていた。ブリヂストン製も用意されるそうだが、今回の試乗会ではダンロップ製に統一したという。

新型RX 450hの走りは…

レクサスRX 九島ドライブ

話を戻し、450hの走りはというと、200tと比べ車両重量が上がる分、機敏さは落ちる。Fスポーツは当然俊敏さは増しているが、200tのFスポーツとは全く別だ。乗り心地に関しては、450hのバージョンLは重くなった分逆におさまりがよく、様々な動きにおいて挙動は安定していると思えた。

さらに付け加えておくと、試乗車はすべて4WDであった。どの仕様にもFWDがラインナップされるから、そちらもまた違った走りになるであろう。200t Fスポーツはより軽快なハンドリングに違いない。

キーワードは「RXからRXへ」

レクサスRX 九島辰也

自分は従来型RXをテストで長い間使用していた経験がある。ある意味あまり変わってほしくないのも本音だ。なんというか、思いのほか長く乗っているとしっくりくるのが従来型のRXだった。そんな意味からすると、新型RXでは450hのバージョンLが一番それに近く思えた。

こんな話をするのは、データ上、RXオーナーはRXを乗り継ぐ傾向が多いと聞いたから。所有するとハマるのも分かる。

そして新型RXのチーフエンジニアを担当した勝田氏いわく、「そんなお客様を大切にしました」とのこと。

つまり、今回のモデルチェンジではあえてドラマチックな変化を避けたというわけだ。なるほど、マーケティングとエンジニアリングがここで合致した。これもまたうまい戦略である。

[Text:九島辰也]

筆者: 九島 辰也

レクサス RXハイブリッド 関連ページ

レクサス RX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス RXハイブリッド の関連記事

レクサス RXハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス RXハイブリッド の関連記事をもっと見る

レクサス RXハイブリッド の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円