autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス RX 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2012/4/17 23:23

レクサス RX 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

関連: レクサス RXハイブリッド Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
レクサス RX 試乗レポート/渡辺陽一郎

迫力あるフロントマスクを手に入れた新型レクサスRX

レクサス 新型 RX270
レクサス 新型 RXシリーズ 試乗会 会場レクサス RX450h

新しいレクサスRXを初めて見た時は「ウーン」と唸った。それが4月12日にマイナーチェンジされたレクサスRXの第一印象。フロントマスクが印象に残るのは、やはり新型レクサスGSから採用された、個性を際立たせたスピンドル・グリルにある。

変更前はフロントマスク、ボディともにポッチャリした印象だった。それが変更後はフロントマスクだけが鋭さを増した。ボディはポッチャリしたままだから、フロントマスクのエグさが強調されている。アンバランスともいえるが、変更前のマスクは、日本ではあまり受けるタイプではなかった。

変更後は、造形的な完成度はともかく、日本で受けるデザインだと不肖渡辺は思う。SUVというジャンルを考えても、外観の迫力は大切だろう。

もちろん、新しいレクサスRXはフロントマスクが変わっただけではない。先に、その他の変更点を書いておこう。

ボディカラーはシルバー、レッド、ブルー、ブラウンの新色を設定。全10色の選択肢がある。内装にも新色を用意して、シートにはアクセントのステッチを入れた。装備はHDDナビを一新。上級のバージョンLには、リアシートエンターテインメントシステムが25.2万円でオプション設定される。

左右のフロントシート・ヘッドレストの背面に、合計2つのリアシート用モニターが備わり、DVDなどの再生が可能だ。主要なグレード構成は、従来通り直列4気筒2.7リッターエンジンを搭載するRX270、V型6気筒の3.5リッターのRX350、3.5リッターをベースにしたハイブリッドのRX450hになる。

レクサス RX450h

駆動方式は基本的には前輪駆動の2WDだが、RX350には多板クラッチを使ったロックモード付きの4WD、RX450hには後輪をモーターで駆動する4WDが用意される。このあたりは従来型と同じだが、RX350とRX450hに「Fスポーツ」が加わったことは注目すべきだろう。

Fスポーツは、標準仕様のサスペンションに対してショックアブソーバーの減衰力を変更。左右輪の中央には、前後ともにパフォーマンスダンパーが装着される。パフォーマンスダンパーとは、ボディを補強するパーツだが、足まわりに備わるのと同様のダンパー(ショックアブソーバー)が組み込まれる。ボディ全体をバネとして考え、捩れる力を吸収する仕組みだ。補強に基づくデメリットが生じにくく、走行安定性と乗り心地をバランス良く高める。

そしてもうひとつ、すべてのグレードにわたってボディを補強し、剛性を高めたことにも目を向けたい。フロント側では、ステアリングシステムの支持剛性を高めた。小さな舵角から、正確に反応させるねらいがある。リア側では、後輪の収まるホイールハウスなどのスポット溶接を増やした。ボディの捩れを抑え、リアサスペンションが従来以上に正確に働くよう配慮されている。

それでは、いよいよ試乗だが、まずはRX450h・バージョンL・エアサスペンション・4WD仕様。従来から設定されていたグレードなので、マイナーチェンジによるボディ補強の効果を確認したい。

レクサス RX450h レクサス RX450h レクサス RX450h レクサス RX450h レクサス RX450h

レクサス RXハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス RXハイブリッド の関連記事

レクサス RXハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス RXハイブリッド の関連記事をもっと見る

レクサス RXハイブリッド の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円