autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス RX270 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/1/6 16:53

レクサス RX270 試乗レポート/岡本幸一郎(2/2)

関連: レクサス RX Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
レクサス RX270 試乗レポート/岡本幸一郎

軽やかではあるが2.7リッター直4ではやはり力不足か

レクサス RX270レクサス RX270

RXをドライブしたのはひさしぶりのこと。これといって「味」があるわけではないものの、そつのない快適性と、大きな不満のない操安性を上手くまとめた走りが身上だ。

注目のエンジンについては、RX450hは強烈な加速が持ち味だが、RX270の動力性能は凡庸というか、物足りない部分も感じられ、1,810kgの車体を引っぱるには、平坦路はさておき、上り坂は明らかに苦しそう。逆に、踏み始めでは飛び出し感が強くて、ちょっと気を使う。

音質もいかにも4気筒で、回転を高めるとノイジーになるし、あまり「レクサス」っぽくないのは否めないと思う。でも、おかげで安くなっているのだし、燃費も良くなっている。エンジンフィールにそれほど頓着しなければ、大きな問題ではないだろう。

一方フットワークは、大柄な車体ながら、軽やかな感覚をもたらしてくれる。RX350やRX450hに対し、ステアリングの操舵力が軽く感じられるとともに、切り込んだ際のノーズの入りの軽さを顕著に感じる。

「軽快」と表現していいものか迷うところではあるが、この軽さを好む人も少なくないはず。

レクサス RX270

その他、インテリアではマルチメディア機能が一新され、表示画面の見直しや、USBへの対応のほか、12V電源がコンソール外にも配置され、操作性の向上が図られている。

装備面で、RX270とRX350に大きな差異はないが、RX270では、レーダークルーズコントロールやプリクラッシュ、インテリジェントAFS、プラズマクラスター、カードキーなどの設定がないところは覚悟しなければならない。

RX270の登場により、RXの敷居が少しだけ低くなった。

ハリアーとの同士討ち(?)というケースも少なからずあるはずだが、時代のニーズに合わせて、レクサスもこうして本来なかったものを設定し、選択肢が豊富になるのは、ユーザーにとっては喜ばしいことではないかと思う。

レクサス RX270

一方で、レクサスは開業5周年を迎え、GS、IS、RXに特別仕様車「ArtWorks」が設定された。

「ArtWorks」は、スペインの新進気鋭のデザイナーデュオStone Designs(ストーンデザインズ)をコラボレーションアーティストに起用しており、アーティスティックラインが特長で、レクサスの世界観に新たな価値を持ち込むことに成功している。

今回の撮影車両が、まさにRX270の「ArtWorks」で、ベージュに鮮やかなレッドをアクセントとしたツートーン配色のシートを採用するとともに、コンソールアッパーパネルにブラッククリア塗装を施すことで、光と影のコントラストを表現している。

このような、レクサスのプレミアムブランドらしい新たな取り組みも行なっている点は、今後も興味深いところだ。

レクサス RX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス RX の関連記事

レクサス RXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス RX の関連記事をもっと見る

レクサス RX の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円