autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス CT200h プロトタイプ 試乗レポート/森口将之 2ページ目

試乗レポート 2010/10/13 13:08

レクサス CT200h プロトタイプ 試乗レポート/森口将之(2/2)

関連: レクサス Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
レクサス CT200h プロトタイプ 試乗レポート/森口将之

成瀬氏セッティングのFスポーツなら欧州のプレミアムブランドに匹敵する!

パワーユニットは前述のとおり、プリウスと同じ1.8リッターエンジン+モーターで、最高出力/最大トルクも等しい。違うのは、エコ/パワーモードの選択がダイヤル操作になったことと、パドルで操作する6速マニュアルモードを持つことだ。

車両重量はプリウスの中間グレードSより50kg重いが、加速に不満はない。静粛性がプリウスよりはるかに上なので、エンジンを回している実感が薄いことも効いている。音そのものも、きめ細かくなったような気がする。もちろんEVモードに切り替えれば、ほぼ無音の電動走行が体験できる。

レクサス・ハイブリッド初のパドルシフトは、加速時のギアチェンジを受け付けないのが不満だが、減速時にはシフトダウンするごとに回転数が上がり、強力なエンジンブレーキが手に入る。そしてスポーツモードを選ぶと、スロットルレスポンスが鋭く、ステアリングが重くなるだけでなく、メーターの照明がブルーからレッドになり、システムインジケーターがタコメーターに変わる。

これまでのレクサス・ハイブリッドでは見られなかった種類の演出だが、シャシーのスポーティさはそれ以上だった。

この日はバージョンC、バージョンLのほか、Fスポーツという走り指向のグレードにも乗った。今年6月に不慮の事故で天に召されたテストドライバー、成瀬弘氏がセッティングを担当したグレードだ。

バージョンCやバージョンLでも、ノーズの動きは鋭く、コーナーでのロールは抑えられ、リアのグリップは安定している。とくにスポーツモードでは、トラクションコントロールの設定までアンダーステアを抑える方向に変わるという説明どおり、ペースを上げても切ったとおりに進んでいく。

しかし16インチはともかく、17インチのホイール/タイヤを履いた試乗車では、段差での突き上げがやや直接的だった。ところがFスポーツは、ホイール/タイヤサイズは共通なのに、同じ段差をフワッと通過しつつ、コーナーではほとんど傾かず、ペースを上げてもタイヤは粘り強く路面をグリップし続け、ピタッと路面に張り付いたように曲がっていけるのだ。

乗り心地とハンドリングの両立という点で、Fスポーツの足はヨーロッパのプレミアムブランドに匹敵する。成瀬氏はもうこの世にいないけれど、彼の魂はしっかり宿っているような気がした。CO2排出量89g/kmという数字もすごいが、エコだけで終わっていないところにCT200hの最大の価値がある。

筆者: 森口 将之
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス の関連記事

レクサスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス の関連記事をもっと見る

レクサス の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円