autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス LS 海外試乗レポート(竹岡圭編)

試乗レポート 2006/8/25 14:38

レクサス LS 海外試乗レポート(竹岡圭編)

レクサス LS 海外試乗レポート(竹岡圭編)

いちばんイイヤツはどうなってるの?

日本初のプレミアムブランドというからには、最上級モデルを見なくちゃ始まらない!それは日本中の、いや世界中の思いだと思うんですよね。

個人的には、エントリーモデルにこそ、そのブランドやメーカーのフィロソフィが見えると思っている私ですが、それは多くの人に、我がブランドやメーカーを知ってもらいやすいクルマだからこそ手を抜いていないとか、クルマづくりに対する考え方や方向性を、コストのかけにくいエントリーモデルにまで、きちんと盛り込むかどうかの姿勢だったりという意味。

レクサスの場合、現段階のエントリーモデルであるISに、それらは十分入っていると思うし、また「プレミアム=とっておきの」ですから、どうしたって「いちばんイイヤツはどうなってるの?さぞかしスゴイんだろうねぇ~」って思っちゃうのが、人の心ってものです。

で、そのさぞかしスゴイんだろうに応えなきゃいけないワケですから、LSを作るってメチャクチャ大変なことだと思うんですよ。やっぱり最上級モデルだから、わかりやすすぎるキャリーオーバー的なものはツライですから、プラットフォームからエンジンからトランスミッションからすべて新しくせざるを得ない。さらに来春に控えたLS600hも一緒に開発しなきゃならないわけで、ロングボディだのハイブリッドだの4WDだのも作らなきゃいけない。

まぁ、それができちゃうってだけでも、プレミアムな感じなんですけどね。

助手席や後席で寛がせていただきたい気分

で、実際はどうだったか。まずデザイン的には細かい部分まで見てもプレミアムを感じます。

見た目にカッコイイというだけでなく、ウンチクを語れるようなこだわりポイントがたくさんあるので、プレミアムオヤジの心を満足させてくれるのはもちろんのこと、かゆいところに手が届く的な便利装備がたくさんついてるんですよ。女性の立場としては、是非助手席や後席で、ゆったりと寛がせていただきたい気分ですね。

インテリアに関しては、LSに移行するであろうセルシオユーザーをちょっと意識しすぎかなぁってところもありますが・・・。ISやGSとの統一感的なものを盛り込んだほうが、ブランドイメージ的に語りやすいと思うんですけど、使い勝手的には日本人の感覚に合っているのかもしれません。

誰でもスゴイを体感できるのがレクサス

ちなみに、いちばん感動したポイントはエンジンとミッション。まったくあることを主張しない8速トランスミッションが、滑らかにパワフルな力を伝えてくれちゃうんです。「オートマチック=自動的に」なワケですから、この場合やはり存在感を消したほうがおもてなし度は高いと思うんですね。

そしてそこがレクサスらしい。特殊なスポーツカーではないので、腕に技術がある人だけが実感できるスゴイではなく、とりあえず普通に運転すれば、誰でもスゴイを体感できるのがレクサスのあり方だと思うんです。

最新鋭の電子制御がとことん盛り込まれているのも、そういった考えが表れているんだと思います。もしかしたら、一度も使わない機能もあるかもしれないけれど、機械好きのオヤジ心を満足させてくれるのには十二分だと思います。

細かいことを言えば、まだ完成車じゃないし、日本のメーカーのクルマを日本人が日本の道で実際使うワケですから、量産車を日本の交通事情の中で乗って見なきゃホントのことはわからないですけれど「さぞかしスゴイんだろうねぇ~」という期待に応えてくれそうな手ごたえ感はバッチリ。殿方のみなさまは、新生LSに負けないくらいの男っぷりを磨き上げておく必要がありそうですよ。

筆者: 竹岡 圭

レクサス LS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス LS の関連記事

レクサス LSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス LS の関連記事をもっと見る

レクサス LS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    377万円477万円